RSS | Atom0.3

わが町のポケモンGo

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

ポケモンGoが配信されて初めての週末。私の住む町でも、ちょっとした変化がありました。

 

たとえば駅前の喫茶店前の道。普段、人通りは多いけれど、人がとどまることはない場所だったのに、今日は路肩に、スマホを見つめながら立つ人が15人ほど溜まっていました。

 

さらに、道の反対側にも同じようにスマホを持つ人が10人ほどいて、「なんでこんなに集合してるの? なんの集団?」といぶかしく思いました。その集団の中から「ジムが……」とか「ヒトカゲが出て……」といったキーワードがでていたので、これは恐らくポケモンGo関連だなと推量しました。ポケストップやジムでもあったのかしら。

 

私は用事があったのでスルーしたけれど、それらしい人が集まっていると、「もしや?」とチェックしたくなる気持ち、ちょっとわかります。集合している人そのものがルアーになって、通行人を釣り、集合体が大きくなっていくようです。

 

あの人だかりが、目の前の喫茶店に入ってくれるようなことがあったら、経済にも明るい影響があるだろうなと思ったりしたのでした。こうした現象が一過性のものなのか、日常の風景として馴染んでいくのか、今後が興味深いです。

| 2016.07.25 Monday | 01:46 | 楽しく暮らす | author : チチ |

議員選びは、絶対当選させたくない人の選別から

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

国会議員選挙

 

世の中を少しでも良くするには、まず一票を投じること。

それはわかっているのですが、いろんな主張をしている候補者・政党のなかで、納得できる候補者に投票するのは難しいです。

 

その原因は、いろいろありますが、ざっと挙げると

・社会の諸問題に対して、自分の考えと完全に一致する人はいないので、妥協点を探る必要がある。

・主張や目標、経歴は立派だが、信用できるかはわからない。

・候補者の実績を調べるには、あたるべきソースを探すところから始まり、とても時間がかかるが、そんな時間は取れない。

上記のようなことが引っかかっています。

 

これまでは、調べきれずに投票したり、目の前の問題に注目しすぎるあまり、中長期の視野では受け入れがたい主張をしている人に投票したりして、あまり納得できる投票をしていませんでした。

有名人や名前を知っているというだけで候補者を選ぶ人もいますが、面倒くささから安易な選び方に走ったのではと想像します。


私の場合、そもそも上記の原因には、「どんな人を、どんな基準で選んだらいいかわからない」という根っこがあります。合理的な基準がないから、いもしない「理想的な人物」を探したり、判断材料集めで時間や集中力を浪費し、結果、中途半端な判断をすることになってしまうのだと自己分析しました。


そこで、「この人物こそ理想的!」という人を探すのを辞めて、「これはない…」ということを言っている候補者をピックアップすることにしました。

 

絞り込みの条件は、

・自治体の選挙管理委員会発行の候補者一覧で、意味不明なことや差別的なことを堂々と主張する人は×。

・議員自身が判断の責任を持つ姿勢がない人は×。

・いま社会で起きている問題は無視し、全体主義的な理想を押し付ける人は×。

・過去の政権が失敗したことをあえて再びやろうとする人は×。


これだと「理想的な」に比べて基準が具体的なので、判断がしやすいです。ふるいにかけて残った人について、実績や言動を深堀して調べていきます。

 

さらにこのとき、「この思想は絶対に賛同できない」と思わせる候補者の所属政党をピックアップ。政党への投票の際、入れないようにしておきます。これは、比例代表での繰り上がりで、当選してほしくない人が受かってしまうことを防ぐ、せめてもの対策です。

 

これには副次的な効果もありました。
ある勢力や問題に対して、対立する両側の意見を見ることができるので、片方の主張に含まれていたのに気付かなかった問題点を知ることができました。


ただ、どの候補者や政党にも、賛同できるところと承服しかねるところがあるので、どこを妥協するか整理していきます。この判断には、また別の判断基準が必要ですが、まだ、文書にできるほどまとまっていないので、いずれ改めて書きたいと思います。


まだまだ改善の余地がある方法ですが、こうした、都知事候補者の評価記事(『増田寛也「ほとばしる無能」を都知事候補に担ぐ石原伸晃&自民都連(訂正とお詫びあり)』とか、凄いタイトルです)が書けるようになるくらい成熟すると、もっとズバッと判断ができるのかもしれません。

| 2016.07.10 Sunday | 00:59 | 楽しく暮らす | author : チチ |

改めて、ハローワールド

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

ネットでのコミュニケーションと現実の生活に、思うところがあって、しばらく遠ざかっていましたが、また手探りながら更新してみようと、戻ってまいりました。

 

7年の長い間ずっと放置していたので、ブログもアカウントも、もう消されてしまったかもしれないなと思っていました。

営利企業の運営ですから、そういう判断も当然あるでしょう。

でもJUGEMさんは、ブログもアカウントも、そのままにしてくれていました。

本当にありがたいことです。

 

 

再開にあたり、ここでは、生活における備忘録を記していくことにいたします。

このごろいろいろなことを忘れやすくなったので、少し先の時間を生きる自分に思い出すヒントや手引きを与えるようなスペースにしたい。

そう考えてここに戻ってきたことを最初の投稿にします。

| 2016.06.20 Monday | 01:20 | 余談ですが | author : チチ |

吉祥寺でガイコツに出会った

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

TS330341.JPG
ガイコツ学習帳というネーミングに惹かれた。

ガイコツというのは、
目立つために中学二年くらいの子が考えそうなことをやる2人組らしい。

近寄ったら7つの間違いを探すゲームをやっていた。
正解したらコーラ飴をくれた。
おみやげにネタDVDもくれた。

商品として売っているDVDは1500円で販売されているもので、
尺にすると26分半くらいの長さなのに、
おみやげのDVDには17分も収録しているらしい。

商品の半分以上を無料で配っちゃってるのか。
メガマックに例えたら、

--------------
 上段バンズ
--------------
肉肉肉肉肉肉肉
--------------
肉肉肉肉肉肉肉
--------------
 中段バンズ
--------------
肉肉肉肉肉肉肉
--------------
肉肉肉肉肉肉肉
--------------
 上段バンズ
--------------

上記のような構成のうち、

--------------
 上段バンズ
--------------
肉肉肉肉肉肉肉
--------------
肉肉肉肉肉肉肉
--------------
 中段バンズ
--------------

このくらいまでを試食で食べさせちゃうのと同じだ。
なんてこった。

さらに、10問出題の難しいコースに正解すると、うまい棒をくれるそうだ。
ちなみに難しい10問のうち7問は、やさしいほうを正解した人なら
すぐわかっちゃうのだ。

かなり人のいいガイコツだ。と思った。
喜捨でなければ、こんなに人に何かをあげてしまって大丈夫なんだろうか。

このガイコツは、毎週土曜日に吉祥寺の井の頭公園に出没するらしい。

▼ガイコツ公式頁
http://www.geocities.jp/worstparformance/
| 2008.04.29 Tuesday | 14:58 | 楽しく暮らす | author : チチ |

今日、沖縄に旅立ちました。僕以外の家族が。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(2) | trackbacks(0) |

嫁さんと子どもたちが、嫁さんの実家の両親とともに、今日、沖縄に旅立ちました。

旅行計画がわかった昨年末、自虐ネタにして仲間内に話していました。妻帯者のなかでも特にマスオさん的な立場のひとからは「ひゃー、4日間も独身になれるのか! うらやましいなー!!」と羨望のコメントをいただき、僕も自由な時間が増えるのはいいかも。なんて思ってました。

昨日までは。


いまは、
続きを読む >>
| 2008.01.11 Friday | 17:42 | 家族との小ネタ | author : チチ |

芥川賞にノミネートされました

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(4) | trackbacks(0) |

僕の左隣の人の旦那さんが。

や、釣りでごめん。

こんなことは滅多にないので、記念に書きます。

写真は、オフィスで何かとお世話になっている方の旦那さんが、芥川賞の候補に選ばれたとの知らせ。

存じ上げている人で、しかも献本も頂いた方が芥川賞の候補になるなど今生にあって初の出来事だけに、知らせに大いに驚き、ここに書き付ける次第。

<芥川・直木賞>候補決まる 楊逸さんら13人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000011-mai-soci

芥川賞候補者の中山 智幸さんという方が、件の候補者であり、僕やオフィスの同輩を沸き立たせた人。「空で歌う(群像8月号)」が候補に選ばれました。2月にはこの作品ともう一作を加えた単行本が出るそうです。

ヤフーニュースや毎日jpの記事では、楊さんらについて言及されているけれど、中山さんの地元・九州の新聞では、その名で大見出しが立ったそうです。

芥川賞候補に鹿屋市出身・中山さん
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=8535

第138回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が7日付で発表された。鹿屋市出身で横浜市港北区在住の中山智幸さん(32)の作品が芥川賞候補に選ばれた。
さすが地元ですね。



続きを読む >>
| 2008.01.08 Tuesday | 00:00 | 楽しく暮らす | author : チチ |

2008年の晩御飯

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

コロッケ
父親であるボクに、子どもたちが今年何を望むのかをきいてみました。すると、「毎月2回以上、パパの手による晩御飯を食べたい」とのこと。

これまであまり手の込んだものは作っていないけれど、気に入ってもらえた証なのかな。私としてもこの依頼を喜びつつ、叶えてあげることにしました。

というわけで、写真は今年初めてのパパご飯。

ポテトに刻んだベーコンを混ぜ、中心にはとろけるチーズが入ったコロッケです。大きさは5歳児の握りこぶしくらい。

ケチャップをかけたり、マヨネーズベースのちょっと酸味のあるソースをつけて食べるとおいしいです。ちなみにソースはママのお手製。

続きを読む >>
| 2008.01.06 Sunday | 00:00 | 楽しく暮らす | author : チチ |

ウサギが30秒で映画のあらすじを解説してくれる、angry alien productions

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(1) | trackbacks(0) |

 
JUGEMテーマ:映画


映画を観るのって、時間かかりますよね。DVDで好きなとき見ればいいじゃんと、すぐに言われるわけですが、そんなに暇じゃないんです。

レコーダーに溜めたキャッツアイを見たり、ひぐらし解を見たり、アッガイにベアーパーツを作ってクマガイに改造したりと、やることが一杯。話題らしいけど面白いかどうかわからないものに2時間とか費やせないんですよ。

そんなときに知人から、映画のあらすじをウサギが30秒で解説してくれる、親切というか便利なサイトを教えてもらいました。

angry alien productions



続きを読む >>
| 2007.12.13 Thursday | 00:00 | ネットの便利なもの 03 | author : チチ |

ヴィム・ヴェンダース監督が訪れた場所

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

堀切JCT
Photo data: 07/12/01/14:55 Pana Lumix DMC-FX30 W端(28mm相当) 露出補正+2/3

デザイナー山本耀司の創作活動を追ったドキュメンタリー映画「都市とモードのビデオノート」の冒頭で、この堀切ジャンクションが出てきます。映画の撮影のとき、監督が立っていた場所を探す小旅行に出かけ、そこで撮ってきました。映画とは違うアングルでジャンクションがきれいに見えたので、楽しくなって撮りました。

現場に行くと思い浮かべることがありました。
・なんでヴェンダース監督は、わざわざこんなところを撮ったのか
・橋の撮影をするときに教わった心得
・そして、こういうジャンクションが好きな人々のこと
すでにきれいにまとめるのが難しい気配がありますけど、関連メモ的に綴ります。


続きを読む >>
| 2007.12.02 Sunday | 00:00 | 余談ですが 10 | author : チチ |

どうして字を学ばなくてはいけないの?

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(2) | trackbacks(0) |

JUGEMテーマ:育児


小学4年生になる長男には、
毎日、漢字を書く宿題が出ています。

でも国語のテストでは
しょっちゅう奇妙な漢字を書いています。

宿題が実になっているのか。
こんなことをやっていて意味があるのか。
長男も不毛に感じたんでしょうね。
あるときこう言いました。

「ねえ、パパ。

漢字を覚えるのって

意味あんの?」


「そりゃあるさ。」

もし、彼が漢字を覚えなかったらどうなるか、
トクと教えてやることにしました。

「漢字を覚えない
ということは、
自分では書かない。
というか、
書けない。
ということだな?」



子 「当たり前だよ。
覚えてないんだもん」



「で、
覚える気もないと」



子 「うん。
まったくね」



「では、
どうしても書かねばいけないとき。

たとえば、
テストのときだけども、
そういう場合にそなえて
違う手段を
身に付けることになる」



子 「パソコン?」



「いや違う。

小学校のテストの時間に
パソコンは持ち込めないだろう?

物理的には体一つ。
というのが理想的だ」



子 「ふーん。
じゃあ
それは何なのさ」



「自動書記だ」


続きを読む >>
Check
| 2007.11.21 Wednesday | 00:22 | 家族との小ネタ | author : チチ |

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ