RSS | Atom0.3
<< 「ミズタマのチチ、次男」が缶詰肉まみれです。 | main | 未納疑惑に、ご用心。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

怒りの力のイカシ方

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(18) | trackbacks(3) |

専業主婦の逆襲をやってらっしゃるニシオさんが、トラックバックで呼びかけてくれました。
「怒ってても良いけど、そのエネルギーをぶつけるべき所にぶつけよう」と。

その中で書かれていた一節が、とても嬉しかったです。

ココんとこね。
「不満だけじゃなく、どーすればいーかを皆で考えてよ」と呼びかけたつもりが無策な人間には発言権はないの?言論の自由はどーなっとる?アンタ専門は金融じゃん?この問題の根深さを本当に理解してんの?になってしもーた。
(つまり、誤解した方向に話が転がっていってしまったと総括されとる。(ミズタマのチチ解釈))


あとココッす。
キムタケさんは国会議員でもなんでもねーんよ。
ボランティアのよい子の味方っつー位置づけなんよ。
直接国政に参加できるかもしんねー、『民意の細道』って感じじゃから、くれぐれもやぐらへ押し上げといて、降りる為のはしごを外すよーなマネはアカン。

そうだと思いますよ。
自分の身近な人が理解されるのを見ると、凄く嬉しいものですね(感涙
よかった。よかった。

おっと脱線気味でした。


エネルギーをぶつけるべき所にぶつけよう
公的年金TFもそうだけど、怒っていたパワーって、不満をワーワー言ってる次元から、「良くするためにどうしようか」って目的のある具体的な行動に移ると、すごい動力源になります。

子育てに関する動きは、行き場の無い不満がプンスカする時期から、「良くするためには、どうするか?」って段階に移りつつありますね。
怒りのパワーが利く場面がやってきます。

そうして話が進む中で、問題として上げられた事柄は、このような段階を経て揉まれていくでしょう。

問題があるのは分かった。その源は何か。

改善する方法はどういう支援や施策があるか。

また、問題を取り除いたり支援を実施するとき、実施者を仕切っているキーマンにどのように働きかけるか。

この最後の段階まで進んだところで、木村さんのノウハウを借りることになるのでしょうか。
(本当にビジネスで依頼したら、スンゲー高いんだろうなぁ)


年金のような進め方じゃないことに、僕は賛成
子育ての問題は、意見を形成してムーブメントを作っていくことを問題に関心のある当事者で進めていくという流れになっています。
木村さんの関わりかたを聞いて、突き放されたように感じるかもしれない。
年金改革の時には、非常にきめ細かく導いていましたから、
そういう流れを知ってる人は特にそう思うかも。

でも、考えてみれば、当事者で解決を試みるのは至極当然のことです。
ニシオさんの言うように、駆け込み寺じゃないんだから、最初から最後まで、何でも木村さんやKFiにブラさっがてる訳にはいかないです。
当事者が自立して、解決へ向けた一歩が踏み出せないと、結局行動できないタダの人で終わる気がする。特に自分自身が。
(もちろん、状況がそれを許さない人もいるし、行動のスタンスはいろいろだから、決め付ける気はありません。他人任せや他人事にしてしまわないという意図です)

そしてもし「意見を形成してムーブメントを作っていくこと」を自分達で出来るようになったら、
・不満/不足の発見
・解決策の立案
・世論形成
・関係者の説得
・専門家や政策キーマンや担当機関との連携
などのノウハウを、フツーの人が持つようになるんじゃないでしょうか。
結果として手にするのは、スゴイ財産だと思うんですけどね。


【追伸でござる】
かずささんの「あ〜、精進、精進…」で、仲間を募集してます!
お手伝いの方、募集」というエントリーです。

ぼくも出来ることからお手伝いしようと、声を掛けてきました。
興味のある方は、是非!
追伸:
自分だけの活動だったら、
「みんな怒ったり不満でブーブー言ってるんだ」ってことで
「プンスカ同盟」なんて名前にしちゃいますが、さすがにクダケ過ぎですよね。
| 2004.08.10 Tuesday | 18:32 | 学校と保育 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 18:32 | - | author : スポンサードリンク |
はじめまして、TBありがとうございます。
こちらのブログで、これから進むべき方向が解りやすく書かれていたので、とても参考になりました。
>子育ての問題は、意見を形成してムーブメントを作っていくことを問題に関心のある当事者で進めていくという流れになっています。
という点もよくわかりました。
今後ともまたよろしくお願いします。
| riro | 2004/08/10 9:19 PM |
ああ。チチさん、マジでいいことおっしゃいますね。。。
ニシオさんも相変わらずいいことおっしゃる。

私はまだ子供どころか結婚すらしてないんで、子育て問題に対して実感を持ったり自分の言葉で語る術を持っておりませんが、チチさんの「考え方」に対して、激しく賛同します。

「プンスカ同盟」いいっすね!(笑)

例のスパムの件では、ウエダさんが立ち上げた「プンスカ同盟」がエキサイトさんを動かしたって感じです!!

一人一人の声は小さくて弱いものですが、沢山集れば、何かが変わる。
質こそ違えど、年金の問題、子育ての問題をどうしていったらいいか、ってところにも通じるモノがあるのかな、なんて思いました!
| 珠丸 | 2004/08/11 12:09 AM |
>自分の身近な人が理解されるのを見ると、凄く嬉しいものですね(感涙

ここを読んで私も思わず落涙いたしました。

私も子育て関連の話には一切入っていける資格のない人間ですが、子育て関連のブログでキムタケさんのエッセンスを一番持っている、あるいは理解しているなーって感じるのが常にチチさんのブログでした。

チチさんの提言でかずささんのブログ共々いろいろな影響を与えて変わっていったらステキだろうなと思います。私も陰ながら応援しています。
| Hiroette | 2004/08/11 12:21 AM |
riroさん、ご訪問いただき有難うございます。
なにやら勝手にまとめてしまって、僭越だったかなとアップしてから思いましたが、参考になると仰っていただけて、ほっとしております。
有難うございました。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

トラバのほうは、お気になさらないでください。
たまにトラバが出来ないという方も見かけます。こちらの調子が悪いのかも知れません。


珠丸さん、こんばんは。
いろいろ言っちゃったから、もう後には退けません(;のдの)タラーリ
かずささんの呼びかけてらっしゃる子育てのサイトは、現役に限ったことではなく、これから結婚を考える人や、身近に子育てしてる人を知っているというだけでも参加資格があると思いますよ。
また、過去のご自身の体験を振り返って、いろいろ語るのもOKだと思うし、むしろそう言う風に問題意識を共有できたほうがいいと思います。
だって、将来に影を落とす問題でもあるわけですから。


Hiroetteさん、応援いただいて有難うございます。
先日ミーティング後に、木村さんが子育ての問題についてどう思われているのか、聞かせていただいたことがありましたよね。
その後、8月7日のエントリーを読んで、こうした背景のある人を攻めたままにしておくのは、どうも引っかかるなと思っておりました。

そうした中だったんで、「ニシオさん、よく言ってくれた!」という思いが先に出てしまいました。

ときに、木村さんの実践主義な所や未来を見ていこうとする部分は、取り入れたいと思い勉強中ですので、エッセンスを持っているとの評価は身に余る光栄です。しかし、それは買いかぶりというモノですよ。
僕ごときなど、ぜーんぜん足元にも及びません。
| ミズタマのチチ | 2004/08/11 1:41 AM |
>チチさーん

えっとまず、ちゃんとカキコしとこーと思ってた事をまず…
ニシオからはどーしてもチチさんトコへトラバできん!のじゃ。
何度やってもできんので、ご理解をー。(激泣)
ついでに『お気に入りブログ』にも入らん…なぜじゃろ?

本題:トラバ感謝☆次なる指令で↓も出しといたナリ。

いきなり大きな数値目標は無理なんで
   1.『月間!木村剛編集部』にvol.3以降で
     子育て環境問題について取り上げて貰えるよーに
     お願いする。(ブログできる環境にない人はメール)
   2.お近くの図書館に『月間!木村剛』購入をお願いし
     売り上げに貢献する。(笑)
ってのはどーっしょ?

ニシオは専業主婦をかれこれ12年もやっとるんで
ぶっちゃけ、頭脳労働とか実労働はちーと苦しい…んで
年金問題でも子育て環境問題でも
応援エッセイくらいしか協力できん、すまねー。(涙)
(しかもザ・ゴールもまだ読んでねーし)

| ニシオ | 2004/08/11 11:03 AM |
ニシオさん、こんにちは。
トラバできないのは、JUGEM(このブログの置き場所)が阿呆なせいかと(^^;ご迷惑を掛けてすみません。
最近トラバにまつわる妙なことが多いのです。

あと、「お気に入りブログ」に登録できないのは、ここがココログじゃ無いから、ではないでしょうか。
ニシオさん、Mybloglistをお使いですよね。そちらなら登録できますよ。
僕のブログの左側に、リンク関係がまとまってて、
そこにMybloglistがあります。この下の「List me! List me!」を
クリックしていただくと、登録画面が出ます。
てか、登録してくださるとうれしいです。
| ミズタマのチチ | 2004/08/11 11:45 AM |
>チチさーん

『ブログ』に関してのイロイロはやってみますナリ
っつーか、ニシオの知識レベルに
ニシオごときのエッセイの反響が大き過ぎてついてけねー。(泣)

あと、16日はニシオってば旅に出とるんで
編集長さんによーくお願いしといて下さいっス。(笑)
雑誌は読者の反響の大きさと売り上げで、なんぼの世界じゃ
出版業界不況で、ぶっちゃけウケネタを探してるっつーのが
本音じゃと思うっス。
『ブログ』で呼びかけて、ネタを集めて、出版社周辺から
逆襲を掛ける戦略は有効じゃねーかと、密かに狙ってたっス。
…ってのは大嘘、ホホホホホッ。
| ニシオ | 2004/08/11 12:44 PM |
TBありがとうございました。
キムタケ氏のブログを読み始めたのも
つい最近のことなので、一連の流れに
ついていくことができず、一時はいじけモードに
突入してしまった私ですが
チチさまやニシオさまがかみ砕いてくださったおかげで
今回の提案は、私の心にもすんなりと入ってきた次第です。
今月の文芸春秋にも書かれておりましたが
氏は、ブログ読者を悪戯に弄んでいるわけではないようですね。
段々と理解していくことができつつあります。(笑)
子育て関連ブログには、ぜひとも教育関係者の参加を
期待しています。
対教師・学校への不満や愚痴の半分は、無知による無理解(誤解)から生まれる様な気がしますので
互いの理解を得る場になればいいと思っているのですが。
今後ともよろしくお願い致します。
| | 2004/08/11 2:45 PM |
ニシオさーん、はいはい、何でしょう?
>あと、16日はニシオってば旅に出とるんで
なるほど。わっかりました。良い旅になることをお祈りいたします。
自分としては16日に出版社のインフォバーンから編集ご担当がくるらしいので、そちらにも「子育てネタ載せれば、読者の裾野が広がるっすよ」と囁いてきます。


bさん、こんにちは。
ずっと拝見しておりましたが、元気になられて本当に良かったです。

モップを用意された先生のお話など、責めるべきポイントを絞って責め、がんばっている人を安寧するフェアなエントリーが、拝読していて、とっても気持ち良いです。
「あ〜、休止されなくて、ホントに良かった」と思うのです。

木村さんのことは、色んな言われ方をされますけど、
学べるところも多いし、こうしていろいろな事が巻き起こる
縁をもっているのかなと思います。
そして、そういうことに絡んでみるのも面白いです。
僕は、木村さんのことを詳しく知っている訳ではないですけど、
見てきた限りの感想としては、煽っておいて放置したり、
良いとこ取りするような人ではないと、そういう部分は信用しています。

子育て関連ブログには、おっしゃるように、いろいろな立場の方たちにも参加していただきたいですね。
「より良くして行こう」という目標の前では、みんな同じ関係者ですから。一方の立場に偏った意見形成では、大声の愚痴が出来上がるだけで終りかねませんからね。

bさんの今後のエントリーも楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。
| ミズタマのチチ | 2004/08/11 4:26 PM |
ミズタマのチチさん、子育てにしっかり向き合って関わっておられる姿に、感心しています。

ったく、うちのオッサンとは大違いじゃ。

今回の試みには、たくさんのお父さんに関わってもらいたいと思います。子供のことは母親任せというお父さんも多いかと思いますが、お父さん方にもしっかり考えて、意見を発してほしいですね。
| リリカ | 2004/08/11 9:26 PM |
こんにちは、くりおねです。
まず、チチさんのこのエントリに大拍手!
ホント、わしらにとっていつの間にか身近になってしまったキムタケさんだもんで、誤解されたままだったのはせつなく、かといって変に近いだけに援護射撃することもできず、、、と逡巡していたんす、私。
気持ちを代弁していただけて、うれしいです。ありがとうございます。
私は子なしなので、この話題は参入障壁が高く、柱の影からこっそり覗き見するにとどめてましたが、かずささんやチチさんの頑張りを見て素通りはできません。とりあえずかずささんの記事にコメントしてきました。
| くりおね | 2004/08/11 11:57 PM |
そうそう、私も16日編集会議参加しますので、そちらでもよろしくお願いいたします。
| くりおね | 2004/08/11 11:58 PM |
>チチさん

もーすぐ、お年寄りの話し相手&旅出発で援護射撃のお手伝いが
できんのが心苦しいっスが…

>「子育てネタ載せれば、読者の裾野が広がるっすよ」と囁いてき  ます。

編集サンに直接会って売り込みを掛ける場合、
喋りは記憶にあんまし残らんそーじゃ。
チチさんが編集長だったら読者にどんな提案をしたいか?で
ご自分のサイトから自信作の記事をプリントアウト
チチさんが今まで色んなサイトを見て回ってツボ押しじゃった
出来事や記事もプリントアウト
して、袋詰めして『チチからの企画書』を渡すんよ。(笑)
ついでに名刺も添付しておくとなお有効かもナリ♪

いや…別に指令とかじゃないんで。(大爆笑)

| ニシオ | 2004/08/12 8:56 AM |
リリカさん、こんにちは。
お褒めいただいて、有難うございます。すっごく嬉しいです。
でも、「はい、がんばってます!」とか言うと嫁さんにシバカレそう…。

リリカさんも、かずささんの「お手伝い募集」のところで手を上げていらっしゃいましたね。
わたしもご一緒いたします。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。



くりおねさん、こんにちは。
木村さんのことは、火の手が上がってる最中何も出来なかったんで、
「ごめんなさい」という気持ちは一緒です。
ニシオさんこそ、大拍手ですよ。

かずささんの企画では子育てや教育がメインかもしれませんが、
その周辺の話題も多岐にわたると思います。
例えば、出産した女性が復職したり、働き続けることを取り上げた場合、
復職を望む当事者サイドのほかに、ずっと働き続けている人サイドの意見も必要です。
だから、もし関心のあるテーマがあったら、遠慮なく絡んでくださいませ(笑



ニシオさん、こんにちは。
ていうより、いってらっしゃーい。

指令、承りました。
ただし、16日に間に合わすには、ちと時間が微妙かも(^^;
でも、雑誌で取り上げてもらう場合、「読者にどんな提案をしたいか?」という目線は、この場合に限らず、子育てサイトでも使える考え方ですね。
アドバイスも具体的で、有難うございます。

もしかして、そういった経験がお有りなんですか?
| ミズタマのチチ | 2004/08/12 11:33 AM |
チチさん、こんにちは。

育児・教育関係のご発言が活発のご様子。
あちきは今週ダンナが唯一お休みなので、アホなネタばかりでごめんちです。
というよりも、やはりダンナと共有できる時間を過ごして育児も成立するのかな〜なんて思っていたりして。

ま、あちきもキムタケさん攻撃した当事者の一人ですが。なぜならば、あちきの場合、トレーディングの現場にいたとき、「知ったかぶりだった」経験がありましてね。金融という世界はいろんなところへ融資したりなど、様々なギョーカイの中枢にいる自負心が強いからでね。
実際育児ギョウカイ(例えば私立学校経営)の経営者と知り合いでも、現場は全く知らなかったり。
ゆえに、知ったかぶりになるんです。主婦になって初めて見えてきた世界もたくさんあります。思い出す経験もたくさんあります。
そんなわけで、キムタケさん、視野狭窄に陥りがちだぞ!と警鐘を鳴らしたくなったわけで。

ダンナ在宅中は特にアホなネタが続発します。お許しを。

長文駄文、失礼しました。
| erierineko | 2004/08/13 3:56 PM |
erierinekoさん、こんにちは。
じつは、そちらにちょくちょくお邪魔してました。へへへ。
特に花火のエントリーとかを拝読したら、最近のうちら夫婦では
珍しくなった情景に、
勝手ながら自分達の恋人時代&新婚時代をダブらせて「ほぅ…。」
と感慨に浸っておりました。
時速2キロのポルシェは、お気の毒ですがw

erierinekoさんが、発してらっしゃるご意見は存じております。
僕は、ブログや年金タスクフォースを通じて木村さんと接する中で、信用できるところがあると思いました。
そのように信じる事は、自分が勝手に、そしてひっそり心に決める事ですから、それを他人に押し付けるのは違うだろうなと感じていました。

ただ、やっぱりどんどん悪いほうへ解釈されていくのは心苦しかったですね。
そんななか、ニシオさんがいい事言って下さったので、ほっとした次第でして。

木村さんのやってることに絡むのは面白いし、
erierinekoさんがご自身の意見をきっちり言い切る男前(失礼!)なところも、いいと思っています。
どちらも、僕にとって良い刺激になるという点で好きですよ。

もし、興味がおありでしたら育児やその周辺関係でも、ご意見を頂けたら嬉しいです。金融を知ってらっしゃる方から見た世の中って、全然違って映りますから刺激が多いです。

最後になりますが、ドリアンの目利きが出来る方は、すばらしいと存じます。
ぼくはあれが食べ物と思えません、むしろ「武器」では無いかと。
| ミズタマのチチ | 2004/08/13 6:22 PM |
たびたび、おこん。
また遊びに来ました〜♪

ああ、猛獣使いは疲れました。(証券会社のこと)体壊したので足を洗いました。
チチさんはあちきの1級上のご様子ですね。あちきのトシは1級下です。
もち、興味があるんで遊びに来てますよ。いろいろな方の見解を客観的に読んでると面白いですね。ああ、こんな考え方もありかな、ってね。
ちなみに、あちき夫婦も真逆です、ダンナはエンジニア(物理・理系)であちきは仕事こそ金融で専攻は日本史ですからな。物事の考え方が違うので、受け容れることもあれば、究極に衝突することもあり。家を買うときは大変でしたよ、ははは。あちきが不動産業者や銀行と仲良しになって半分趣味でネゴを勧めちゃったり。
あ、あちき、イチオウ外資系で生きてました。男前の考え方も外資で無意識に培ったんだと思います。ナアナアでは生きていけないのでクチだけたくましくなってしまいましたね。
ま、こんなあちきですが、時々、前触れもなく呟きます。どうぞよろです。

| erierineko | 2004/08/13 9:58 PM |
erierinekoさん、こんにちは。
ご自身のこと、いろいろ教えてくださって有難うございます。
erierinekoさんは、引っ張っていくタイプとお見受けしました。
不動産購入とか凄い決断ですよね。判断の過程とか興味深いですね。
これからも、いろいろ聞かせてください。
そちらにも、ちょくちょくお邪魔しに参ります。
| ミズタマのチチ | 2004/08/15 11:00 AM |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/100
まずは、育児オープン・コミュニティ戦略から
まったく、木村剛さん、私に夏休みを取らせないおつもりなんでしょうか。(苦笑さて、公的年金タスクフォースも徐々に、いやむしろ、当初想像だにしなかった広がりを見せ始めているわけですが、それは、木村さんが「『公的年金タスクフォース』は私にとって、全くのボラ
| McDMaster's Weblog | 2004/08/10 6:32 PM |
夫公認ブログを目指す
話題の子育て関連ブログの立ち上げ構想。 私のブロ愚内でも「やってみよー」って参加を促したり TBさせていただいたりで、やや熱くなってきたところではあったのだが・・・ 実はこの私のブログ、夫には一度も見せたことがないので なんとなく私としてはまだ非公認の扱
| bの侃々諤々 | 2004/08/11 4:34 PM |
トラックバックランキング新装開店!?[トラックバックランキング]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。トラックバックランキングのあり方について、自分
| 週刊!木村剛 | 2004/08/22 10:55 AM |

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ