RSS | Atom0.3
<< 夏休みの宿題、外注したらいくら? | main | 置くとブログが酸っぱくなる。梅干しブログパーツ。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

テレビ番組「カンブリア宮殿」から、企業の見せ方を勉強する。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

名の知れた会社の社長が出演し、良いことを言うテレビ東京の「カンブリア宮殿」。インタビューを中心とし、番組を通して登場する会社が優れている特長や、それを可能にしている事実・ルーツ・人柄といったことを明らかにします。

最初の1分で取材対象の優れたところとそのすごさを伝え、3分で興味深いと思わせてくれます。22分で最初のCMを迎えますが、その時間までに、この企業がどうして今の「優れたところ」を獲得したかが物語られます。

この構成方法は、テーマの持っている様々な要素のなかから、何をどんな手順で見せるかという意味でとても参考になったので、番組を見ながらメモを取りました。


▼カンブリア宮殿 7月23日O.A くらコーポレーション

「起」
カンブリア宮殿7.23 くらコーポレーション「起」

「承」
カンブリア宮殿7.23 くらコーポレーション「承」

「転」
カンブリア宮殿7.23 くらコーポレーション「転」

「結」
カンブリア宮殿7.23 くらコーポレーション「結」


「起」「承」で企業を語り、「転」で企業の枠を超えた社会的なインサイトに答えるような、流れの転換も備えています。「結」では、同じテーマの地平にいるゲストが絡んできます。個人的な感想ですが、これは飽きさせない構成だと思いました。

そして、主題になる企業の魅力が番組の魅力に直結するので、テーマ選びに大きく影響されることも想像できます。ゆえにセレクションは厳しそうです。


一方、テーマ選びというか、ネタに関連してもう一つ。

こうした番組に取り上げてもらえたら、PR効果はきっと高いはず。でも、もしPR会社が取り上げてもらいたいと望むなら、「起」に相当する要素をまとめ、それが社会のどんな感心に呼応するかというフックを出すくらいの労力を割かなければ、検討すらしてもらえないでしょう。ま、想像の範疇ですけども。


カンブリア宮殿 村上龍×経済人


| 2007.09.23 Sunday | 23:15 | 余談ですが 10 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 23:15 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/1002

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ