RSS | Atom0.3
<< 待ち望まれる言葉。 | main | あっさり言ってくれますね。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

指先が器用になりすぎると、脳に良く無いらしい。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(2) | trackbacks(0) |

2月21日のやじうまWatchに「■ 「ブラインドタッチは脳に良くない」と説明する大島教授の著書」という記事がありました。
大島教授の説明によれば「小脳だけで条件反射的に無意識でキーを打つから、脳の一部分の血流が悪くなるんぢゃ」とのこと。
しかし教授、ブラインドタッチを実現するための訓練は、一般に「頭が良くなる・ボケを防止する」とされる指先の運動なのに、やりすぎると脳がだめになるんですか。

僕はPCのキーボードでブラインドタッチはできないけれど、ゲームのコントローラーならブラインドタッチでいけます。
すごい勢いで訓練を積みましたよ。
指の皮なんか数え切れないくらい剥けました。

大島教授の説から考えると、これも「小脳だけで条件反射的に無意識でキーを打つから、脳の一部分の血流が悪くなるんぢゃ」となるわけですか。

訓練を積んで能力を伸ばした結果、その能力がアダになって、身を滅ぼすというのですか。
それじゃあ、伸びすぎたマンモスの牙が種の絶滅を招いた説と同じじゃないですか。
切なすぎます。


そうそうゲームといえば、炎のコマで一世を風靡した「ゲームセンターあらし」は、ゲームの腕はぴか一だが、勉強はからっきしというのは有名な話。

彼は、ゲーム操作における行動プロセス「目で検知 → 脳で判断 → 手で操作」を、猛烈な訓練によって改革することで、
常人には成し得ない反応速度を手に入れたそうです。
その究極プロセスとは、


「目で検知 → 手で操作」。


…。


…。


どうなのかと。


進化の末に行き着いた結論は「脳を使わない」ことでした。
思い切りが良すぎます。

「漢らしい!」とかそういう次元を超えて、激しく頭に悪そうです。
教授の学説を先取りした事例と言えるでしょう。


--------------------------------------------------

追記:
つい反射的に、猪木先生の「馬鹿になれ!」を引き合いに出したくなりますが、含まれる意味が違うので割愛。




ゲームセンターあらしの秘密
平成ゲームセンターあらし研究所 データハウス (1994/02)
売り上げランキング: 572,505
通常4〜6週間以内に発送

おすすめ度の平均: 3
3 すがやみつる氏インタビュー

| 2005.02.22 Tuesday | 11:35 | 余談ですが | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 11:35 | - | author : スポンサードリンク |
>訓練を積んで能力を伸ばした結果、その能力がアダになって、身を滅ぼす

つまり、緩くいこうぜブラザーって解釈でオケー?
| kuma- | 2005/02/22 3:43 PM |
> kuma-さん
ゆるく行こうぜって事なんですかねえ。
でも努力を無に帰すような学説は、なんか嫌だなあ。
愛が無い。
| ミズタマのチチ | 2005/02/23 10:37 AM |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/220

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ