RSS | Atom0.3
<< 「ミズタマ潰す!」だとぅ? | main | 名誉なことです。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

東京ブロガーカンファレンス3に行ってきた!詳報つき

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

とうわけで、泥酔ブログだ。
見たこともないお酒を頂いたので、ペース配分が分からず、まー、いい感じにへべれけなのであす。

あまり頭がつかえないが、それでも言いたい。


小飼弾さん、ありがとうございました。
素晴らしい夜景は記念に撮影してまいりましたので、思い出に浸るアイテムとして後ほど公開いたします。

そして、床暖房と巨大な本棚、あとお料理の数々、うっかりすると自縛霊になってしまうくらい居心地のよい空間でした。
丁寧なお礼も致しませんでしたが、お招き頂いたこと、こころから感謝しております。
誠にありがとうございました。


あと、もう一つ、もう酒が回って仕方がないのだが、お話させていただいたゲストの方々、テレビとポッドキャストはねえとか、雪にうまっちゃったとか、刀はねとか、かなり取り留めのない話をしていたとおもうだけど、おつきあいくださってりがさとうございkmすj

おおっと、ありがとうございました。


【1月15日追記】
一晩寝たら、頭晴れやか。
改めて昨日のTBC3について追記しました。



●小飼さんの居城

まず入館する際に、やっちゃいました。

玄関は、お部屋に内線して開錠してもらう方式なんですけど、部屋番号を間違えて覚えてたもんだから、何度もトライしてはエラーで、その様子を見守っていた警備員さんから、ばっちり「怪しい人」認定をいただきました。

やっと小飼さんにつながって、いそいそと玄関を通ったら、すかさず「ちょっとあなた、どこにいくんですか!」と呼び止められました。
「あの、今日、小飼さんのお宅で開かれているパーチーに、ゲストとして呼ばれたんですけど…。
もしかして、記名が必要ですか?」
「ええ。こちらでお願いします。」

こういうセレブな場所は、チェック厳しいなあ。
しかし住人の方からすれば、ちゃんと警備してくれるのは安心だわな。と感心しながら「訪問者リスト」に記入。
入館証をもらって中へ進みました。

じつはここでもエレベーターがどこにあるのか分からなくって、2回くらい立ち止まってはキョロキョロしており、そのたびに警備員さんに「そこ左です」「そこ右です」とガイドしてもらいました。
いやー恐縮です。
たぶんあの行動で「怪しい人」から「足りない人」へと好感度アップが図れたんじゃないかと思います。

ちなみに、この日きたゲストの中で、入り口で名前を書かされた人は僕だけでした。
みんな入館証なんて存在すら知らないようで「凝ったネタを仕込んできましたね!」と笑ってくれましたが、
素ですから。

でもね。
腹の中では「こりゃ、おいしいなー!」と思ってました。
警備員さん、違う意味でもグッジョブ!!




この日、お料理もお酒もとってもおいしかったんです。
夜景も霧が晴れてからは素晴らしかったです。

しかしそれにも増して素晴らしかったのは、ゲストが快適に過ごせるようにさりげなく、かつ的確に目を配られている、小飼さんや奥様のおもてなしです。
いつも、店員を呼びつけないと片付けもしてくれない安居酒屋で飲んでいる身としては、つい甘えたくなって「こんなに快適だと、ダメになりそう」などと思いました。

あと、立派な本棚。
ひたすらうらやましい。
豊富な蔵書をほじくり返すとカッパノベルズとか、たま出版の本とか、あれやこれやが出てきそうな気配がまた魅力的でした。




●まじめなはなし

徳力さんに、地上波デジタル放送に関連してピア・ツー・ピアのことを聞きました。

デジタル波が遮蔽物に弱いことから、光ファイバを通ってやってくるようになると、同一ケーブルを通っているネットコンテンツが見られる機会も増えるはず。
また、テレビとネットがそういう形でつながると、ビデオ・オン・デマンドサービスが増加してくるでしょう。

そのときデータを溜めて置く場所が必要になるのだけど、サーバを立てるのは莫大なコストになるから、
ピア・ツー・ピアが活躍する場が増えるだろうと、僕は考えていたんです。
海外ではビットトレントがメジャータイトルを扱うように変化してきているし。

そうした文脈から徳力さんに展望を聞いてみたら、ピア・ツー・ピアは本質ではないよとのお答え。
例として引かれたのは、ドットマックなど。
数年前はサーバコストがほんとに莫大だったので、ピア・ツー・ピアでやる価値があったけど、サーバのコストはいまやどんどん下がり、ストレージとしてサーバを追加していっても、さほど苦ではなくなってきた。
お金のあるところから見れば、サーバにするかピア・ツー・ピアにするかって、問題の中心ではなくなってるとおもう。とのこと。

なるほどねー。やり方次第なんだな。

あ、これに関連して、大仁田さんが僕のことをえらく買ってくれたんですが、
僕自身、明日はどっちだ?!状態でした。すいません…




●気をつけなきゃいけない人たち

tomozo3さんいちるさんたちと談笑していると、『ナスはクワガタの味がするから嫌い』っていう人の話が出てきました。(出展:いちるさんのお友達の、刺激ビリビリの((石))さんの日記より)
みんなの反応は、「クワガタって苦そう!」とか、「幼虫のときはわりと甘い」「キモっ!」など。

なかでもtomozo3さんが「米の中に虫の子(たぶん蜂)を入れて一緒に炊く○○○飯(*1)もあるんだよ」と話すにいたって、いちるさんは「飯に虫ってなんだよ!絶対無理。虫食わせるなんてどこの地域?長野?絶対要注意だよ!」と激しい拒絶反応を示していました。

その盛り上がりを見たゆきじさんが「何の話?」と、いちるさんに尋ねました。
いちるさんは答えて言いました。

「長野には行ったら絶対食っておけっていう名物があるんだよ。○○○飯。
あれを食べなきゃ意味がないくらいだよ。」

ちょwwwww、あなたwwwww。
10秒前に「ありえねー!」ていってたじゃん!!

この人には気をつけなきゃいけない。
そう思いました。

あと、ワインの栓抜きでも密かな悪戯をやってくれるし。
あのときのは「謀ったな?!シャア!!」といったガルマの気持ちが、ちょっとだけ分かりました。




あや乃さんあしたさんはセクシー過ぎて、目のやり場に困りました。
チラ見をすると挙動不審になるので、そちらに目が行かないように、4歳児を追いかけていました。
つか、あしたさん、谷間から名刺出すのは、威力ありすぎだから!
ウブな僕は悶絶死しそうになりましたよ。マジで。
ドキドキして余計に酔わせてしまう甘い罠です、あなたがたは!
くぅ〜!!

ドキドキといえば、shu*さんとは知り合ってもう一年以上経つし、二ヶ月に一度くらいお会いするのに、いまだにカッコつけようとする自分がいます。「なんか頭よさそうな事話さなきゃ」と。
意識するとアガルなんて、中学生か僕は。

もうひとつドキドキといえば、男子も女子も楽器が弾ける人っていいですね。
小飼邸にはピアノがありまして、いちるさんや中島さんが弾くと、ちょっと良い雰囲気になるんですよ。
一曲終わるとドヨメキと喝采が生まれたりして。
ウラヤマシス。




辛いソースが決め手のタイ料理を食べていたら、いしたにさんがやってきて、「それ、ソースを2リットルくらいかけると旨いよ」とおっしゃる。
「いやいやいや、そんなにソース無いからw」なんて言いながら、多いほうが旨いのかと、ソースをたっぷりかけたんです。

そうしたらね。
ほっぺたから汗が吹き出るくらい辛いんですよ。
あのときチーズが無かったら(otsuneさんのお持たせかな?旨い上に助かりました)、ベランダで冷却治療することになってたはず。
いちるさんに続いて、この人には気をつけなきゃいけない。と思いましたw

そうそう、いしたにさんは、iSightを持ち込んで、iChatでコグレさんや平田さんを招いていました。
思っていた以上に先方の様子がクリアに見られて、驚いたですよ。
これは興味深いぞ?というものには、必ずタッチしてますよね。いしたにさん。
そつの無い人だなあと、いつも感心する次第。




●筆舌に尽くしがたいほど楽しかったわけで


なんだかとりとめが無くなって来ましたが、無理矢理まとめると
catfrogさん、たのしい時間をありがとう!」です。

Parsleyさんのパイが超絶にうまかったのも、
ダイクマさんのシイタケが、これまた超絶に旨かったのも、
あや乃さんのダンディなお連れさんに、ナンパのテクを教わったのも、
otsuneさんのお嬢さんの美少女ぶりに、女の子もいいな。作るか?と思えたのも、
ずっとすれ違いだった中島ひなさんとご挨拶ができたのも、
モヒカン姿でビデオ撮影できたのも、
ひできさんに入館証おいしいなあといわれ「これは使える!」と気づいたのも、
あかふくがおいしくて「うほ!これ大好き!tomozo3さんのですか?あざーっす!」だったのも、
藤代さんに「水玉潰し?おもしろい、俺もw」と宣告されたのも、
ゆきじさんの秘密のリストが流出した件を男子数名で追求、崩れ落ちる姿に萌えられたのも、
ピピッとコンロさんとダイクマさんのツーショットが見られたのも(ひゅーひゅーだよ!)、
モーリさんが僕の叔父に激似でびっくりしたのも、
palさんがずーっと爪楊枝をくわえていたのも(タバコ吸いたかったの?)、
ogijunさんのポニーテールにテニス部女子の憧れの先輩を思い出し、ひそかに萌えたのも、
crowdeerさんが剣道をやられていると聞き、ちょっと揉んで頂きたくなって、うずうずしたのも、
gawaさんに、発剄における体の使い方をちょびっとだけ聞けたのも、
大仁田さんと「次は大門のビアバーですなwwww」と仮約束できたのも、
みんなみんなcatfrogさんの人徳のおかげです。

いつもありがとうございます。

お話できなかった方もたくさんいらっしゃいましたが、また楽しい時間をすごせたら良いですね。




*1:「○○○飯」は、正しくは「へぼめし」。
tomozo3さんから教えていただいた。長野・岐阜・愛知の山奥にもあるらしい。要注意だ。
しかし腹が減っているときに出されたら、案外すんなり食べちゃうかも。要注意だ。
| 2006.01.15 Sunday | 01:19 | 楽しく飲む | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 01:19 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/426

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ