RSS | Atom0.3
<< モテモテですが、あえて放置プレイ。 | main | 体験や関わりを深くできる放送とは? >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

さわかみ投信に行政処分。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(1) |

昨夜、ワールド・ビジネス・サテライトを見ていたら、「さわかみ投信に一ヶ月の業務停止命令」とのニュースが流れました。
さわかみ投信とは、株式を中心に、長期運用・収益再投資を基本スタンスとしたファンドです。(詳しくはこちら
報告書などを読むと、ファンド受益者はほとんどが個人投資家といいます。

我が家でも少なからぬお金を運用してもらっている投資信託なだけに、非常にビックリしました。
海外での助言業務において、法令に違反したことがあるとのこと。
そして、「一ヶ月の業務停止命令」とは、ファンドの運用を止められるのか?新規買い付けができないとか、解散させられたりするのか?など、憶測と不安が頭を駆け巡りました。

この件に関して、さわかみ投信株式会社のご案内ページに、事態の概要が載っていました。

▼ 2006/03/30 お客様へのご報告、ならびにお詫び
弊社は、2006年3月30日に弊社が営む投資顧問に係る助言業務の新規契約の締結について、同年4月3日から5月2日までの1ヶ月間、停止の行政処分を受けることとなりました。

続きを読むと、この行政処分はファンドの運用と別の業務に関わるものであって、ファンド運用には影響はないようです。
投資信託「さわかみファンド」の受益者の皆さまにおかれましては、この度の処分は助言業務に対してであり、「さわかみファンド」の運用や設定解約に係る業務への直接的な影響はございません

ふ〜ん。そうなのか。
また、この行政処分を整理したブログがありました。

▼ Sky's the Limit 0330_さわかみさん
最後のコメントを読んで、この処分がどういう意味合いだったのか、分かった気になりました。
「要は何の契約もしてなかったんでしょ?? 助言投資顧問の品が落ちるので、さわかみさん注意してください。。ってもう遅いか・・・」



ところで余談ですけども、今回のニュースは、素人頭では事の影響範囲を切り分けることができず、結構慌てふためきました。
また、会社側は「影響はございません。」と説明するけれど、「まあ、誰だってそういうわな」と、にわかには信じがたい。
ものごとが分からないがゆえに、安心する要素を見つけられないんですね。

だから、ニュースを聞いてすぐ、ファイナンスの話題を扱っているちょーちょーちょーいい感じさんに、「なんか出てるかなあ」と見解を探しに行きました。
あいにく、「どうして金融マンは嫌われるのか?」とぼやかれている最中でしたが…

僕は、その方面に関するオピニオンとして頼りにしてます。
このようにネットの上で「あの人の所に行けば、なにか手掛りがあるかもしれない」と頼る専門家があるのは助かります。
お顔を見た事があるだけで、お話したことはないけれど、そんなわけで元気出してくださいね。>保田さん

| 2006.03.31 Friday | 12:18 | お金について | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 12:18 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/701
一部業務停止命令で、さわかみ投信に何が起きたか?(2)
さわかみ投信の受益者は、今回の一部業務停止命令についてどう考えているのでしょうか? ネット上の情報をあちこち見回してみました。
| ファンドの海 | 2006/04/11 1:27 AM |

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ