RSS | Atom0.3
<< クリエイティブコモンズを無視したらどうなる? | main | どんな街か深く知るきっかけ。gooラボ、ローカルトピック検索 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

ブログを辞めると、どうなるんだろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(4) | trackbacks(1) |

毎日更新すると誓いを立てましたが、会社の仕事に追い立てられて、誓いが守れなくなってしまいました。

睡眠食事を含めたプライベートに割ける時間が1日40分くらいになると、メール、ブログ、mixi、RSSリーダーのチェックなど、およそ小島個人として何かを発することができなくなります。
すると強制的に「ブログ断ち」な状態になります。

隔絶されて感じるのは、時間の流れがゆっくりだということ。
そして同時に、恐ろしい勢いで取り残されているような焦燥感です。

そして、ことても大事なんだけど、ブログを通じて知り合った社会に、なんらアプローチできないことで生まれる損失です。
実は社会人になってから、忙しくなるたびに友人たちの消息がつかめなくなり、疎遠になってしまうことを何度も経験しています。
これはとても寂しいことなんです。

今回も同じような危機感を感じています。


あと、一番重要なことは、いま、父の役割も、夫の役割もまったくできていないことです。

活動できる時間を100%会社にもって行かれますが、そのほとんどは明日を迎えるためとか、オリエン不足で遠回りだったとか、能力に見合っていないなんてものばかり。
生産性がありません。給料はもらえるけど。



一説によると、主婦の仕事を年収にすると、1,500万円の価値があるそうですね。

では、父親の仕事を年収にするといくらになるんでしょう。
夫の仕事は?

そんな風にして全ての自分の「顔」をお金にすると、兼業主婦の場合、年収2,000万円なんてことになり、全ての役割を果たせると、2,000万円分のメリットを自分や家族が得ることになる。

しかし、年収500万の仕事のために、主婦業をすべて放棄したら、自分や家族が得られるはずだった1,500万円分のメリットは失われることになります。
損失ですね。


この構図を、父であり、夫であり、会社員でもある僕自身に当てはめたら、なんだか妙に忙しくって、友人も失いかねないこの状況は、いったいいくらの損失を招いているんだろう。
それを引き換えにしても価値のある何かを生み出しているのだろうか?
そんなふうに考えてしまうこのごろでした。


| 2006.05.25 Thursday | 00:09 | ネットについて考えた | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 00:09 | - | author : スポンサードリンク |
お察しします。

こんな時代ですもの、
家族で協力して、
なんとか乗り切ってください。

お父さんの働く姿、
ご家族にはきっと届いていますよ。
それって価値あることなのでは?

ブログを一週間、二週間更新しなかったくらいで失う友人なんて、
なんのこれしき!
ってもんじゃないでしょうか。

生意気言ってスミマセン。

しかし、専業主婦年収1500万説は興味深い。
家事、育児、介護、配偶者との関係、
社会生活における経済効果(よくわからないけど口コミとか?)
もろもろを含むのでしょうか。。。

我が家は仕事と家庭のバランスが取れていない、
綱渡り家族です。
あー、こんなことなら専業主夫やっとけば良かったかな、
と思うことも時にあります。

フレ〜、フレ〜!!


| セニョール | 2006/05/26 1:51 AM |
私が小さい頃、母はかなり忙しく仕事をしていて、いつもおばあちゃんと一緒にいました。でも参観日や運動会にはきちんと来てくれていて、家事も主婦の方みたいにバッチリではなかったけど、最低限はやってくれていました。
今になって感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな母の姿を見ている私は早いうちから家事をすることに目覚め、一人暮らしを始めた時も大して困ったこともありませんでした。寛容な父は母に文句を言うこともなく、料理を自分ですることもありました。

役割を果たせていないと言っても、きっとご家族に気持ちは届いていると思います。応援してます!
長々と失礼致しました。
| misaki | 2006/05/26 2:29 PM |
昔、すんごい体育会系の先生が授業中、黒板に
「一所懸命」
とでかでかと、カツカツと、チョークで書くなり
「一生懸命って言葉は嫌いです。」
というようなことを突然話はじめたことがありました。

今だに覚えていて、時々思いかえすのですが…

ミズタマのチチさんの一所懸命さはいつでも
色々な形で、伝わっているんじゃないかなというような気がしました。
何もわからないで書いていますが…
お疲れ様です。
いつもありがとうございます。

私の専業主婦の仕事っぷりは、そんなに高くない…と自己評価
できちゃいましたので、もうちょっと一所懸命いっとこうかな?
と思いました。
| きのこのこ | 2006/05/27 10:29 PM |
みなさん、励ましてくださってありがとう。
トラックバックをくれたJDさんにも、心からありがとう。
モニターの向こうで見てくれている人がいると感じられただけで、胸がいっぱいです。
ほんとにありがとう。
ていうか後ろ向きな話につきあわせちゃってすいません。

家族と一緒にいられるときには、なるべくベタベタと、じゃなかった、なるべく濃密な時間を過ごせるようにやっていきます。
| チチ | 2006/05/28 1:38 AM |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/777
ブロガーの病、Web2.0時代の多忙
ブログが書けない、書く時間が無いということ。
| webdog | 2006/05/25 6:00 PM |

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ