RSS | Atom0.3
<< 徹底的にやるってことは。 | main | ミズタマのチチさんについて、100人に聞きました。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

オススメできない投資法。「週刊誌に出てた銘柄を買ってみた」

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(1) | trackbacks(0) |

最近は個人でも株を買う人が多くって、また新たにやってみようかなと考える心理的な壁も、だいぶ低くなっているみたいですね。

ただ、株についていろいろな本が出ているけれど、その通りにやってていいんだろうか。本当はもっと稼げるはずなのに、見落としているチャンスがあるんじゃないか。そんな向上心・欲望が心に浮かんできます。

ことに「これは美味いかもしれない!」とコツみたいなものを見つけたときには飛びつきたくなりますね。
僕は株を保有するようになってそれほど長くないけど、大事な虎の子を張り込んで、小躍りする体験もしたけど、暗澹としたことも多々あります。

「株をやってみようかな」という人のために、「こうすれば儲かる!稼げる!」と謳う本は沢山ありますが、僕は自分が実践した上で、これは良くないオススメできない投資法というのをご披露しましょう。
この損失が誰かの転ばぬ先の杖になれば幸いです。


さて。
第1回は「週刊誌に出てた銘柄を買ってみた」です。

週刊誌の中吊りを見ると「次の爆上げ銘柄30!」とか「僕はこの銘柄で一発当てた」なんて見出しがありますよね。
似たようなやつでは「あの投資ファンドの次のターゲット銘柄」とか、「外資が狙う銘柄」というのもあります。

日経平均がほとんど上がってばっかりのときは、そんなに上がるんだったら、その波に自分も乗らなきゃ損だ!なんて考えて、さらに買わずにいて値上がり利益を手にできないは悔しいとばかりに、株を買いたくなります。
そういうときに「これは期待できるぜ」とプレゼンされると、ものすごくいいものに見えるんです。

ここで飛びついて、失敗したことがあります。
顛末は以下の通りです。

雑誌の中吊りを見て、駅の売店でその雑誌を買いました。
爆上げと言われている銘柄をチェック。

お昼休みに買えそうな売買単位のものを確認。一応、移動平均線チャートからどの辺の位置にあるかをチェック。
だいたいが雲を抜いているか、雲の中でも下値抵抗線を打って上昇局面なので、「まあいいか」と思う。
午後一番で買い注文です。


さて、夢から醒めるのはこの日の夕方です。
買い注文を入れた時点からあまり伸びちゃいない。つまり、この日の取引では「高値掴みをした」状態になっています。

これで気が付くのですが、雑誌で紹介されるというのは、たいした材料じゃありません。だって、なにか材料があるとしても記者発表される前なら期待感が膨らみますが、発表された途端に株価に織り込まれるのですから。「新技術が発表された」と新聞が書いたら、次に期待を集めるのはそれがどれくらいのシェアを獲るのか。というふうに、次の段階にうつるのです。

むしろ「なんかいいみたいですよ」と記事が出るのは、後から振り返ってみると、祭りの狼煙みたいなもんでしたねえ。
その祭りとは、1日のうちで買って売って利ざやを抜くワンデイ・イベントです。
しかし、これに参加して利益を得られるのは、前もって安く仕込んでいた人。ギリギリで間に合うのは、その日の朝一に現在値ギリギリ下で買い注文を出して、買えた人です。

そうはいっても一日で上がるタイミングで売買しようというのだから、寄付きから高くなるし、このタイミングで売るのが美味いんだよね。と考える人が午後から売ってくるから、たいした利ざやなんか有りはしません。


僕は午後に買う方法で、どうにも売り抜けられない株を仕込んでしまったことがあります。
さらにリベンジのつもりで、違う銘柄で開場一番から駆け込んでみたけど、手数料を損しただけでした。
丁か半かでギャンブルをやりたいなら止めませんが、こういうスタイルは時間と金の無駄だなとわかって、それから2度とやっていません。


あと、信用取引を手がける人は、この日の商いの内容を見てバンバン売りを掛ける人もいるみたいです。
僕は資金があんまりないのと、経験が浅いのと、なにより追証が怖いので信用取引はわかりません。
そちらの方面からは、また違った風景が見えるんでしょうか。
まあ、深追いするより、つぎの割安株を探すほうに、僕は向かいました。



・週刊誌に出てた銘柄を買ってみた結論:
 情報のタイミングがすべて。
 雑誌にでた時には終わっている。





次回は、「分割銘柄を狙う 〜熱いギャンブル!」を掲載予定。

| 2006.06.19 Monday | 21:49 | お金について | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 21:49 | - | author : スポンサードリンク |
ほんと、最近は猫も杓子も「株」か「投信」ですね。
メディアはこんなにあおってどうするつもりなのでしょう?

僕も投資暦だけは10年近くになりますが、
その損失たるや、とても口に出せません。
それで学んだのはひとつだけ、
「株で儲けるやつは、損切りがうまいやつ」

ジャスダック、ヘラクレス、マザーズ、
そんなとこばかりに手を出してると、
碌なことにはなりません。
| セニョール | 2006/06/20 1:13 AM |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/802

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ