RSS | Atom0.3
<< ミニチュアお菓子、こなぷん。 | main | ナンシー小関ジェネレーターが開発されてるっす。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

理科の実験中の事故

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(2) | trackbacks(0) |

サイダーの実験をした子供たちが病院に運ばれた記事を読んで、思い出したことがありました。

手作りサイダーで17人病院へ=「三ツ矢」発祥地の小学校−兵庫
実験でサイダーを作って飲んだ児童のうち17人が気分が悪くなり、病院で治療を受けた。症状はいずれも軽かったという。
原因は調査中とのことです。
有毒ガスが出るような内容じゃないし、何があったんだろう?そう推測しながら思い出したのは、僕が小学校のころ、塩酸と炭酸の違いについて実験したときのこと。
炭酸水が無くて、かわりに清涼飲料水のメッツ・グレープフルーツ味を使ったんです。それがそもそもの始まり。

ビーカーを2つ用意し、片方に炭酸水。もう片方に塩酸を入れます。
そしてその中にアルミニウム片、鉄片、亜鉛片をいれたり、リトマス紙に滴下して、様子を観察しました。
酸性を示すものでも、その性質は随分違うよね。といったことを確認する実験だったと思います。

先生が今日の実験で得たことを生徒に答えさせ、補足説明を加えたところで授業終了になりました。
みんな実験器具を洗って、終業のベルを待っているとき、僕と同じ班にいたIくんがいいました。
「先生。メッツ捨てちゃうのもったいないですよ。」

すると先生は言いました。
「そうだな。じゃ飲んじゃっていいぞ。」

Iくんが「やりー!」とはしゃぐと、同じ班の子達が「オレもオレも」と手を上げました。
そこで希望者全員に配れるか調べるためビーカーにあけたら、100ccもありませんでした。全員が飲めるはずもないので、ジャンケンをしたか、言い出したオレが飲むと言ったのか忘れたけど、Iくんが一人で「ウメーッ!」といいながら飲み干しました。
実験で使っていたビーカーで。



翌日。
Iくんは学校に来ませんでした。

その次の日も、Iくんは学校に来ませんでした。

先生がそのわけを話してくれました。
理科の授業があった日の夜、Iくんは自宅でものすごく苦しみだし、その夜から入院したのでした。
検査の結果、胃壁のヒダが塩酸で焼けて、ツルツルになってしまい、回復するまで学校には来られないとのことでした。

後日学校に来たIくんに、どんなことが起きたのか聞いてみました。
「とにかくお腹が痛くって、でも吐いたり、下痢するわけじゃないんだ。
出したくっても何にも出ないから、お腹をひねってやっと出す感じ。しばらくの間、水も飲めなかったよ。」

原因も聞きました。
「腐ったもの食べたんじゃないの?」と。

Iくんは答えました。
「あのビーカー。塩酸入れたのあるでしょ。あれをちゃんと洗ってなかったんだよ、きっと。オレ、メッツが入ってたやつだと思って飲んじゃったんだよね。」


その事件があってから、実験器具の取り扱いと洗浄には、大変気を遣うようになりました。
理科室を管理する担当教諭からは「えらいねー」と褒められましたが、僕らを駆り立てたものは、Iくんの教訓から得た恐怖でした。


ちなみにそれから数年後、高校の科学の実験で、塩酸となにかを混ぜ合わせることによって、塩(えん)と水(H2O)ができることを確認する実験がありました。
いわゆるナトリウムではなくて、分類上、塩と位置づけられる化合物です。その名前はそれまでの人生で聞いたことの無い代物で、口にするとどうなるのか、その反対側で生成されるものがどういう性質のものかも未知のものでした。

化学の先生は、「式が正しいというなら、液体のほうは水だから飲めるはずだ!大丈夫だ。飲んでみろ。」といいました。
僕は、化学式の計算では水に間違いないとの答えを得たけど、それでもビーカーから、かつて塩酸だった何かを飲むのは絶対に嫌だったので、答えを酸性っぽい何かに無理やり変えて、飲まなくて済むようにしました。
正解するより命が大事と思ったんです。


サイダーを作る実験をしていた子供たちにも、こういう科学的トラウマが残るのかな。

| 2006.06.29 Thursday | 23:52 | 世間のできごと | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 23:52 | - | author : スポンサードリンク |
チチさんの実体験からの秀逸なコラムですね。

今だったらその先生、大問題になってしまうでしょうね。
そのくらいの事故ですんで、
生徒たちが自分で考えることを学べたことが、
不幸中の幸いだったのでは?

僕は無鉄砲でトラウマもないので、
化学式がH2Oだったら飲んじゃいます!

それにしても、
メッツのグレープフルーツ味ってそんな昔からあったんですね。。。
昔北海道に行ったとき、
「メッツ☆ガラナ味」というのを飲みました。
激マズ〜(>_<)でした。
| セニョール | 2006/07/03 10:57 AM |
メッツ☆ガラナ味とは初めて聞きました。
地域限定でしょうか。ルートビアと飲み比べたら、どっちのほうがインパクトが強いんでしょ。
| チチ | 2006/07/03 11:44 AM |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/811

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ