RSS | Atom0.3
<< 地面を冷やす雨 | main | はてなRSSに「番組表」が加わる >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

18年前に知りたかった秘密、「ゾーマは癒されるとダメになる」

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(2) | trackbacks(1) |

1988年に発売され爆発的なヒットを記録した、ドラゴンクエストIII 〜そして伝説へ〜
僕も寝る間を惜しんでやりこみました。
ゲームで新しいミッションをクリアしたり、敵を倒すことはもちろん楽しみの中心にあるのですが、冒険の過程でたどり着いたダンジョンの地図とか、アイテムの所在や罠の攻略法を克明に記録した「My攻略本」を作ることにも情熱を傾けていました。

そのMy攻略本は作った当時、あらゆる秘密を余すことなく網羅し解明したパーフェクトなものだと自負していたのですが、18年を経た今、僕の知らないラスボス攻略法が公開されていました。

基本こそ最強。とでもいいましょうか。ファイナルファンタジーIIIにおける、たまねぎ剣士最強伝説と通じるものがあります。
ていうか、戦いに勝つためのレベル上げが、まったく意味が無かったことが判明し、18年越しで徒労感にさいなまれております。


DQ3(emu) low level boss attack 7

最凶にして最後の敵・ゾーマは、癒しに対して免疫が無かったんですね。
当時これを知っていたら、取り戻せる時間がどれほど有ったろうと遠い目になってしまいます。

危険を察知すると非常に慎重になる僕は、どんなミッションに挑むにもほぼ楽勝なレベルになるまで自キャラを育て、満を持して乗り込むのを常としていました。戦って勝つよりもまず、生き延びたい
ラスボス攻略も同様で、Lv64〜72くらいまで時間を掛けて準備しアタックしたもんです。でも、事前に「ゾーマは癒されるとダメになる」と知っていたら、もっと気楽に遊びに行けました。

敵を知り、己を知ればって言葉があるけど、戦いには情報が何より大事ですね。



| 2006.07.18 Tuesday | 04:35 | 余談ですが 07 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 04:35 | - | author : スポンサードリンク |
FFをやっていたときにも思ったのですが、
死神系の魔物とかには、ケアルガなんかのヒーリングが、
逆に攻撃になるんですよね。

中学生のころ、ゲームボーイの
「魔界塔士サガ」ってのをプレイした際、
ラスボスが「神」ってのだったのですが、
チェーンソーというアイテムを使うことによって
真っ二つになってしまったとき、
あっけなさに愕然としました。。。

ちなみに今日FF12を中古で買ってきました(^_^;)
| セニョール | 2006/07/19 9:23 PM |
真っ二つですか。なんて罰当たりな!(笑)
ゲームのテスターだった人たちが信心深かったんでしょうね。
まさかそんな攻撃をする人がいるなんて、思いも寄らないほどに。
| チチ | 2006/07/22 2:57 AM |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/830
日記/2006-08-14 - KeNji Hyper Special (フリーMIDI素材曲、着メロ)
「ゾーマは癒されるとダメになる」 † ミズタマのチチ: ピヨピヨさんから。えーと、なんのことかというと、ドラゴンクエスト3のラスボス攻略法及びそれを残した映像なんですが、、、なんていうか、こんな低いレベルで倒しちゃうなんてすごいですな。一体そこまでど...
| PukiWiki/TrackBack 0.1 | 2006/08/14 1:57 PM |

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ