RSS | Atom0.3
<< セガレからの指示。「連絡をつけるためにDS Liteを持て。」 | main | 安房鴨川へ >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

商品紹介が書きやすい情報の出し方。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

夏休みの宿題によくある読書感想文。
アレの書き方と、商品のレビューを書くことの違いを話し合っていたら、どういう商品はレビューが書きやすいのか(あるいは書きにくいのか)がわかりました。
忘れないうちにメモ。

うちの嫁さんは、他人の分の読書感想文を書いて、それを学内のコンクールに入選させてしまう腕自慢のゴーストライターだったので、及第点を取れる書き方はこうやるんだ。と書き方を指導してくれます。
僕に。(対象が間違ってる気がするが、ま、おいといて)

いわく、全体を通して感想を述べるのではなく、焦点を絞ることが第一歩だそう。
印象の強かった場面や一節をとりあげ、その部分に集中して語るんだそうです。
そして、展開の仕方としては、共感してもいいし、反対してもいいし、自分なりの結末を想像を膨らまして書いてもいい。その辺は自由にやって差し支えないそうです。なにせ感想ですからね。期待される意見を述べるというより、どう感じたかをくっきりと述べることが肝みたいですよ。→子供たち


さて、そんな能力があるなら、ブックレビューとか商品レビューを書くのもお手の物でしょ?と聞いたら、そんなこたーない。との返事でした。

感想文は心に浮かんだことを好きなように書けば良いけど、レビュー、特に人に頼まれたとか、アフィリで売りにつなげようなんて場合は、読んだ人に「これはいい。面白そうだ。」といった感想や動機をいだかせる目的ができる。
ここが大きな違いだそうです。

するとF,S,Vに気をつけて書くことになるのですが、そうした場合その本や商品についての背景情報が必要になります。
ちなみにF,S,Vとは、
F(ファクト=メリットをもたらす機能またはサービス)
S(シーン=メリットが活きる状況)
V(ヴァリュー=メリットまたは利用者の価値)


たとえば自動車が目の前にあった場合、Fは、ガソリンエンジンの馬力とか、車輪の効率性とか、雨でもぬれない室内空間ていうのがあります。Sは、重たいものを運ぶときとか、長距離移動するときとなります。最後のVは、楽にすばやく移動できる。となるでしょう。

F,S,Vのどれもたくさんのバリエーションがありますが、これらを脈絡なく羅列しても、読んだ人には何が良いのかほとんど伝わりませんから、筋道を立てて「かくかくしかじかの状況に、こんな機能が作用して、どんな良いことが起きた」というように説得できる構造、ストーリーを作ります。

で、この構造を組み立てる際、プロダクトの狙いを掴む事が欠かせません。
レビューの対象になる物や本が、誰に向かって、どんな役に立つように、またはどんな面白みを提供するように作られているのか。それがわかりやすく提示されていれば、書きやすい。紹介しやすい。となるわけです。
「その辺をわかってないで『何でも良いからとりあえず紹介文書いて。』っていうのが、じつはとっても書きづらい。正直オリエンしろよ、コノヤロウ(笑)」とのこと。


あー。

これは僕にも仕事の経験上で覚えがあります。
「なんとなく出来ちゃいました。この新商品の特徴はこっちも良く知らないんで、そちらで作ってください。」なんていうプロダクトは広告するにも非常に扱いづらい。大体ゴールに何をしたいのかわからなくって、伝えるメッセージもフラフラしてました。
一方「コレジャナイロボ」とか「自爆ボタン」は、得したい主婦に効きそうなメリットは何一つ持っちゃいませんが、ストーリーが非常に掴みやすいので紹介しやすいのです。ま、これは極端な例ですがね。


そんなこんなをひっくるめると、プロのライターでもないブロガーを使って口コミを巻き起こし、広告宣伝費を安く上げようとしたら、売り文句ができるくらいに整理された、わかりやすいニュースリリースが不可欠だということが良く分かりました。


| 2006.07.25 Tuesday | 03:32 | 世間のできごと | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 03:32 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/838

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ