RSS | Atom0.3
<< Amazonの商品を安く買える、AmazonPrice。 | main | 心霊写真で顔を見つけてしまう現象と似たもの。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

成功と失敗の差を知るために読んでおこうかな、テレビCM崩壊。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

FPNでこの本の紹介を見たときには、今すぐTVCMの価値が無くなったと決め付けるのは、早計なんじゃないかなあと感じました。ネットの側に肩入れしすぎた見方なんじゃないかと。

しかし、CMの影響力が低下していることや、テレビ番組視聴率が低下してきていることもよく知られた事実です。
そうした環境下での事例やヒントがたくさん載っているらしいと、情報考学さんで書かれていたのを見たので、それでは読んでみようかなと思った次第。


テレビCM崩壊

さわりを読む限りでは、単発の商品を売るためにどうするかというより、ブランド構築と認知・浸透を目的とした広告戦略について語られているようです。
顧客とのコミュニケーションをどう取っていくのかは長きに渡るテーマであり、その答えとして成功したブランドの事例などがあるらしい。

関連して思い起こされるのが、最近mixiでコミュニティをつくったものの炎上→閉鎖に追い込まれたプッシュトークの展開。同様にキャンペーンブログが炎上し閉鎖した携帯音楽プレーヤーもある。
これらは、クチコミ・コミュニティを利用すれば、なにかイケルかもしれないと個別商品の売り込みに仕組まれたものの、消費者に燃やされてしまった失敗の事例です。

片方は成功し、片方は失敗に終わった。
双方の違いはなんなのだろう。

現在プロモーションを仕事にするものとして知っておくべきことだと思うし、また、ネットに関わって何らかのサービスをやる場合、それはコミュニケーションを扱う場になるわけで、CtoCやBtoCコミュニケーションをとりもつモノとしてどんな器を用意したらいいのか。それを考える視点にもなるでしょう。


もうちょっと違うレイヤーでは、消費者を巻き込んだエンターテインメントをやろうと思っても、消費者のクリエイティブ能力は過信してはいけない面があります。
質は石玉混交というか圧倒的に石ころが多いし、技術も環境も十分でなく、モチベーションだってかなり低め。素人投稿ビデオを見ると「やっぱりプロが作ったものの方が安心して見られるな」ということがしばしば。
それはたぶん、「TVがダメだから、なんでも消費者に任せれば良い」ではなくて、大きな間口でいろんなものを取り込むものの、石に混ざった、石と同じ道をやってくる玉を浮き上がらせる仕組みが必要なんだということなんでしょう。

ちょっと、こちらのおっしゃるところに通じると思う。
最近、ちょっと思うんですが群集知というのは、決して群衆の知の集合ではなくて、「群衆の中から見えてくる、一部の有能な人の知」なんじゃないかと思います。リーダーシップと言えば、そういうことかなと思いますが、要するにアルファブックマーカーのような存在でしょうかね。

ロングテールとは、ヘッドを構成する一要素、別に凡人の女の子がタレントになれるわけじゃなく、本来、タレントになるべき優秀な子を先に発掘する、そんな仕組みになれれば良いわけです。

そういうのってモーニング娘。とかジャニーズのオーディションばりのブランド力が必要だと思いますし、敷居が低いことを売りにする場合は、玉を浮き上がらせるだけの多くの石を集めなくてはいけない。
F's Garage Webでゼロスタートから成功例を作るのはWeb1.0時代からの悲願[Web系]より


そういうこもごもを見ていくと、なにかがわかったり、わからなくなったり、ますます迷ったりします。
答えとまではいかないまでも、ヒントの一端がつかめたら良いな。



関連リンク:
この本の第一章が監修者の方のサイトからダウンロードできます。
http://www.digitalmediastrategies.com/lifeafter30/TVCM.pdf

予習として読んでおきたい、渡辺聡さんのCNETのレビュー。
マーケティングは変わろうとしているのか:『テレビCM崩壊』と『ブログスフィア』


| 2006.08.02 Wednesday | 13:24 | コンテンツ配信 03 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 13:24 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/856

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ