RSS | Atom0.3
<< 成功と失敗の差を知るために読んでおこうかな、テレビCM崩壊。 | main | ガンダム、大地に立つ!(ただし12分の1) >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

心霊写真で顔を見つけてしまう現象と似たもの。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

画像判別の技術進歩は素晴らしく、さきごろ心霊を見つけ出すソフトウェアまで登場しました。
恐怖!「心霊」を見つけ出すソフトウェア

季節的にピッタリですけど、おっかないですね。

ところで私は、中学の頃、()と+と-を含んだ数式を見るたびにある症状に悩まされたことがあります。
その手の数式を見ると、人の顔に見えてしまい、一旦嵌ると数式ではないものとして読み取ってしまいます。頭脳の中ではこう処理されます。

 例: (1+1)-(-1+3)

   = -(-

   = のぐちさん

   ∨(または)

   = デオキシス


お陰で数学の成績は、ものすごく悪かったです。




文字列が顔に見えるといえば、こんな資料を見つけました。
ほぅ
こちらに行くと、大きい画像が見られます。)

印影にする際、ある意味狙ってこうされたんだろうと予測できます。
複雑な印影が多数押されている中にあって、シンプルさとオモロさで飛びぬけて目立ってます。良い仕事ですね。




さて、実は黄門様のお名前にも、僕をトリコにした部分があります。

畏れ多くも先の副将軍、水戸光圀(みと みつくに)公にあらせられる、そのお名前。
この「圀(くに)」の部分が、口を尖らせたヒョットコに見えるんです。
幼少の僕は、偉い人の名前には面白い顔が付いてるのか。と思ったもんです。




こういう現象って、人が幾つかの点や線を関連付けて理解しようとする認識方法と関連があるらしいです。
植物の陰や天井のシミが人の顔に見えるのは、そのせいとのこと。
面白いものを連想するレベルで見えてるうちはまだ良いですけど、怖い目に遭ったり、まったく集中できなくなるほど対象に取り憑かれてしまうのはカンベンしてほしいです。





真・恐怖の心霊写真


| 2006.08.02 Wednesday | 20:09 | 余談ですが 07 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 20:09 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/857

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ