RSS | Atom0.3
<< 小飼弾さんと、切込隊長・山本一郎さんの、愛の共同作業。 | main | 東京ガスのクマが、無駄にセクシーな件。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

JR中央線から神田・東京方面へ乗り換えるときの留意点

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

ものすごく地域限定で、タイミング限定ですが、知っているとちょっと良いかなと思ったので紹介します。

中央線から東京へ向かう列車では、東京駅に着く前に、神田駅で乗り換えるひとが多いですが、その理由は「東京駅はエスカレーターが長いから」。
東京より先に行く人は、できるだけ効率よく移動したいと考えて、乗り換えの移動距離が短い神田駅で動くんですね。そして効率よく移動したいときに積極的に狙いたいのがJR京浜東北線の快速運転です。



JR京浜東北線は、午前の通勤時間のピークを過ぎたくらいから、快速運転をしています。
この列車をタイミングよく捉まえることができると、ちょっと時間が短縮できてうれしいです。
東京-浜松町間で、山手線より2分くらい速い。
ほんのわずかですが、山手線で1本乗り逃したとき、それをフォローして追いつく速さです。

僕は中央線ユーザーですが、午前中、この快速電車をうまく捕らえるために、神田駅到着時に必ず判断することがあります。
それは、
「10時30分より前なら、神田乗り換え。
 10時30分を過ぎていたら東京乗り換え。」


理由は、10時30分までだと山手線も京浜東北線も神田駅に止まります。
しかし10時30分を過ぎると、快速運転の時間が始まるので、山手線しか止まりません。しかも快速運転の京浜東北線をホームで見送ることになります。
これには残念を通り越して、敗北感すら感じます。

だから、10時30分きっかりだったら、東京駅まで乗っていきます。そしてエスカレーターを歩いて降りて、品川・大崎方面のホームに上がると、だいたいちょうど良いタイミングで京浜東北線が待っています。
となりで気まぐれな山手線がドアを閉め、僕をおいて行ってしまっても、そんなの全然気になりません。どうせ追いつきますからね。


こういう乗り換えのコツって、ターミナル駅ごとにいろいろあるんでしょうね。








| 2006.11.01 Wednesday | 02:21 | 世間のできごと 04 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 02:21 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/936

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ