RSS | Atom0.3
<< いしたにさんからのマスターアイテムにより、大人実施中 | main | 線路内に人が立ち入っています。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

サム・ライミのブギーマンで、一番ビックリしたところ。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(1) |

とある休日の夜、一家でホラー映画を見ておりました。
サム・ライミ製作のブギーマン。


バリー・ワトソン扮するティムが8歳のとき、父親がクローゼットから現れた「何者か」に襲われ、行方不明になってしまう。それ以来ティムは、クローゼットの閉じられたドアに怯えるようになり…というお話。
ブギーマンといえば、ハロウィンのシリーズを連想しますが、あれとは関係ないようです。

さて、そんな映画を見ていて、予想外にビックリさせられた所がありました。
若干ネタバレ注意です。




母親の死をきっかけに、神経質そうな主人公のティムは、かつての我が家に向かいます。
過去のトラウマの正体を見極めようとしてるっぽいけど、移動を始めると昼間のうちから次々と不吉な前兆が起きて、不穏な気配が盛り上がってきます。
勘が良いやつなら「よくない事が起きそう」といって引き返してしまうところを、あえて進みます。無茶なところがいいぞ主人公w

で、その家は今、さびれたあばら家になってるんだけど、そこで一夜を明かそうとします。どこまでチャレンジャーなのか。
無茶なことをしている割には、不安げな主人公の表情が良い。

ドキドキ。




そして期待通りに、夜のさびれた我が家にて、正体不明なおっかない事が起きました。
「ここから逃げなきゃ!」と主人公が飛び出すと、ふいにガールフレンド登場。
みなみに彼女は、ブロンドヘアと脚が美しくて一見上品だけど、二人っきりのときは超セクシーで、「あたしホントは野生的」なタイプ。

「悪霊みたいなのにロックオンされた男子と、セクシーなヒロインが闇夜の逃避行ですよ!
何か起きちゃうよー?!」
ストーリーにお色気要素が加わったことで、怖い方面とチラリ方面の両方に期待が高まります。

ドキドキ。ワクワク。




真っ暗な道路をちょっと旧式のカマロでぶっ飛ばすあいだ、主人公はすっかり憔悴しております。気遣う彼女にもつれないそぶり。

ようやく薄暗いモーテルに車を停め、かりそめの宿に落ち着くと、「もういい加減にしてよ」と苛立ちながらも、ガールフレンドがいいました。
「嫌なことはすべて忘れましょ。ふたりっきりで、思いっきり盛り上がって楽しむのよ。」
そして、バスタブにお湯を張って、服を脱ぎだしました。

むはー! 俺も楽しみたいが、その前に美女SATSUGAIフラグ、キターーーー!!!


13日の金曜日をはじめ、あまたの映画でおなじみのSATSUGAIフラグ「セクシーアピールした女子は、裸の時に殺される」でございます。

水戸黄門ほどじゃありませんが、お約束をきちんと守って進行しているだけに、来るべきものが来るんだなということが容易に想像できます。
俺達を「ぎゃーーーーーーっ!!!!!!」と言わせる時間まで、もうすぐですね。




ぼくらがワクワクテカテカしていると、画面のむこうのガールフレンドが、裸体は見せぬままに言いました。
「外のアイスボックスから氷を取ってきてよ、ティム。」

うわー、あなた、SATSUGAIフラグが立っちゃってるのに、素っ裸で1人っきりになっちゃいけないよー!
ま、期待通りですがwww


そして、カメラは「何者か」の目線になって、バスルームの彼女の様子を捕らえようとします。

ドアの隙間から見てるから視界が狭い。おい、そんなじゃ見えねーぞと身を乗り出すと、良いタイミングでその隙間にカメラがずーーーーっと寄って行きました。

定石ならここでセクシーが45秒くらい入って、不審な物音か何者かの気配が3秒くらいはさまって、次のセクシーな場面で、ぞっとするようなおぞましい時間がやってくるはず。

カメラの移動が、その時間がもうすぐであることを知らせています。


来るか?


いよいよか?!


すると、










バブッ!








「うぎゃーーーーーーっ!!!!!!」
不審な爆発音にビビる僕。










しかし、画面では爆発の様子はない。











やがて室内が、臭くなってきた。







「おい! 誰だこのやろう!!
 せっかくドキドキを溜めておいたのに、ものすごく損した気分だぞ!」



「さあ?(ニヤニヤ)」



ブギーマンを見ていた僕を最大級に驚かせたのは、一家の誰かが放った屁でした。



| 2006.11.13 Monday | 18:30 | 余談ですが 08 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 18:30 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/940
ブギーマン
映画が始まると、少し開いたドアから暗闇が現れ、この世で一番の恐怖が訪れる。『ブギーマン』の冒頭の5分では、ある少年の父親が強引にクローゼットに押し込められ、少年が恐怖に陥る。彼は無表情な青年ティム(『7th Heaven』でおなじみのバリー・ワトソン)として
| 1-kakaku.com | 2006/11/14 10:43 PM |

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ