RSS | Atom0.3
<< 美的感覚とは後天的な体験で開発されるという話。 | main | ガンダム部長へ納品いたします。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

味わい深い、コインマジック。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

ふとしたことがきっかけで、思わぬ見物に出会うことがあります。
ある事件の記事を見に行ったら、そこをきっかけに、マジックとはとても編集的なエンターテインメントであることを教えられました。

さらに、そのサイトがかつてコメント炎上した焼け跡であり、燃焼過程でブログオーナーが記事に書いた意図におさまっていく構造なっていることが分かりました。

ブログオーナーさんや、コメント欄で怒っていた人たちには悪いですけど、外野にとっては一粒で複数の展開が楽しめる(失礼)、興味深い事象でございました。


最初に見つけたニュース。
▼<貨幣損傷>手品用に硬貨に穴開ける マジシャンら逮捕
ミスター・マリックやいろいろなマジシャンが、500円玉にタバコを通すマジックをやっていたのを見た事がありますけど、あのタネになるアイテムを作ろうとしてお縄になったのですね。

で、そのそばにコインマジックをやろうとする人に向け、技術解説しているページが紹介されていました。

▼【画像で解説】コインマジック基本技法集
幾つかの記事を読むと、マジックとは、指先が鮮やかに動くとか、上手に隠せたというのも重要だけども、
お客に見せられるエンターテインメントとしては、一連の構成や演出こそが大切だとわかってきます。
いくつか引用すると
コインマジックの魅力より)
これらの現象(=テクニック)をいかに組み合わせて、ひとつの手順にするか。
ここがコインマジックの醍醐味でもあり、逆に魅力でもあるのかな。

ギミックコインについてより)
とにかく、
ー蟒腓涼罎砲Δ泙織り交ぜる。
△茲螳豼愾宛紊亮蟒腓魘稾する。
そんなとこに注意してやってます。

実際に、マジックのタネは解説本が出ているし、仕掛けを組み込んだツールも販売されています。
自分の経験でいうと、素人が隠し芸でマジックをやると、テクニックを披露するところに目的が向いがちです。
マジックが成功したときに拍手をいただきますが、その意味は「上手にできましたね」だったりします。

でも、プロのマジシャンがエンターテインメントショーとしてやる場合、テクニックが上手なのは当たり前で、いかに楽しませるか、いかに驚かせるかが見せ場になります。
いいものを見せてもらったとき拍手に込める気持ちは、「面白かったよ」「素晴らしい」「ハラショー!」です。

このブログオーナーさんは、後者を意識したマジックの基礎として技術を解説しているようでした。



ところが最後のエントリーのコメントで、しゃべり場が形成されました。

タネをばらすな!とか、オーナーを侮るコメントが出てきて、サイトそのものが間違いなんじゃないか?との空気が出てくると、「この程度のことで影響があるなんて、マジシャンとしてのレベルが低いんじゃないの?」との応酬がはじまりました。

完全に外野として観察すると、正論とも思える反対意見で揺さぶりを掛けられても、それはどうなのか?と検討する過程を経て、オーナーの意図に優位性があるなと再確認にいたる道程となっています。

先方のブログが更新を止めてしまったのは惜しいけれど、「他人を楽しませ、お金を得る」ということについて、思考を深めてくれる体験でした。



関連リンク
▼ Yahoo! 手品、マジックカテゴリ



| 2006.11.21 Tuesday | 00:00 | 余談ですが 08 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 00:00 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/943

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ