RSS | Atom0.3
<< 漢字の道具としての生涯を見た気がします。 | main | 男樹でできたロッキングチェアー。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

長年のパートナーだった鞄を修理します。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

吉田カバン CLIP/BRIEF
吉田カバン製のブリーフケース「CLIP/BRIEF」
嫁さんからプレゼントされたのは長男が誕生する前だから、もう9年の付き合いです。
子供が生まれるに当たって「いろいろ、しっかりやって行こう。」と決意した時期にもらったものなので、特別な思い入れがあります。
とても使い勝手が良いこともあって、いくつかの鞄を使っても、結局はコレに落ち着く。
そんな相棒でした。

フィギアからノートPC、その他数々の秘密を包み込み、楽しい時間も疲労でぐったりしたときも一緒に過ごしてきた鞄ですが、重ねた月日による衰えが色濃くなってきました。
特に革製の持ち手や、ジッパーを引っ張る紐の痛みが激しい。

そこでいよいよ捨てて新調しようかなと思い、荷物を全部出してゴミ袋に入れたとき、ちょっと恥ずかしい話ですが、涙がこぼれるような寂寥感がありましてね。
「いかんいかん。本当に使い続けることができなくなるその時まで、とことん付き合おう。」と思いなおしたのです。

痛んだ箇所を検証すると、底部は破れもキズもなく、内部もまだまだキレイです。
ということは表面の煤けた感じを払拭し、持ち手と紐をなんとかしてやれば甦るかもしれない。



幸い吉田カバンでは、鞄の修理を受け付けています。
YOSHIDA & Co. > SUPPORT > Q&Aより)
Q3.修理は出来ますか?

受け付けております。商品を確認してから、工賃や納期のお答えをいたします。お買い上げ店舗又はお近くのお取り扱い店舗までお持ちください 。
修理を請け負うかどうかは、鞄の種類を見てからということなので、なかには修理不能のものもあるかもしれませんが、丸ビルにある吉田カバンの直営店で相談したところ、僕の鞄は修理可能とのことでした。
ただし、クリーニングはやっていないので、表面の布は自前できれいにすることになります。

修理には期間が3週間から1ヶ月、費用が材料費と工賃込みで4,500円〜5,000円くらい掛るそうです。
でも、そんなの全然OKです。

大切な嫁さんからのプレゼントであり、いろいろな思い出が詰まっている鞄を、また何年も使っていけるのですから。



| 2006.11.27 Monday | 20:13 | 楽しく暮らす | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 20:13 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/947

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ