RSS | Atom0.3
<< なんとなく渋谷から中野まで歩いてみた。 | main | 隣のビルの人たちが、やたら美人揃いに見える件。 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

冷蔵庫の中の進化論。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

食物を保管することが主目的の冷蔵庫。
長年付き合ってきて感じるのは、彼らの真の仕事は、保存よりも変化するスピードのコントロールと述べたほうが的確なんだろうなということです。

さて、我が家の冷蔵庫には、一月ちょっとまえにジェット☆ダイスケさんから譲り受けた、かわいいチーズが住んでいます。
ブリーという血統証付きの品種で、美しい乳白の肌に、純白のベールをまとった姿をしていました。

譲ってもらうとき、ジェットさんはいいました。

「チチさん、いいかい。
これは11月19日が賞味期限と書いてある。それまでに食べても良いが、本場の人間は、むしろそこを越えたヤツを好むらしい。

なぜかって?

育ったやつほど風味が強くなるからさ。
ちなみに俺も試してみたけど、ぶっとんだね。」


ほほう!

それは良い事を聞きました。
越えた先こそ醍醐味というわけですか。

気を遣って、風味が強すぎるとまいっちゃう人もいるから、一応賞味期限内で食べることをオススメするぜ。とか言われた気がしますが、「一線を越えたヤツ」はどんな風貌になるのかが楽しみで仕方がありません。


酵母食品が過剰に活動した結果というものは、かつてビールで体験したことがありました。

いまから16年ほど前、通っていたベルギービールバーにて。
ベルギービールにCIMA(シメイ)という品種があって、酵母が生きた状態で瓶詰めされています。
お店の人から聞いた話では、当時は船便で日本に来ていました。

航路はインド洋などを通ります。
生きているビールだから、長い航海の間に瓶の中で発酵が進みます。
そして、日本に荷揚げされる頃には、本国で飲まれているものよりも、アルコール度数が上がった状態になります。

これが良い感じで育ったやつは、コクと発泡がとても豊かになって、ものすごく美味しかった。
もちろん生き物ですから、多少ぐれたヤツも出てきまして、そいつらは酸っぱくなっていたりしたものです。
まあ、その当たり外れも含めて、育ったヤツを飲むのは楽しかったです。

ちなみに本国の人が日本に視察に来たとき、こっちで「うめー!」といって飲んでいるシメイを飲んだら、「なんじゃこりゃー!?」と驚いたそうです。

で、輸送手段のメインが空輸になると、本国のクオリティがほぼそのままやってくるので、以前のような酵母菌のワイルドな楽しみはなくなってしまいました。

これは本国で品質管理をしている人たちは安心でしょうが、日本で非常に濃厚なヤツで味を覚えた僕みたいな人には、惜しまれる事態でした。
だから大瓶を購入して自宅に持ち帰り、冷蔵庫で育てたこともあります。

これがですね。
瓶詰めしてから1年半ほど育成して開封したら、「君はモルトウィスキーとの混血かね?」と見まごうくらい物凄い奴になっていました。一杯飲むとブランデーをストレートで飲んだくらいお腹イッパイになりましたが、あれは良かった。

このような経験がありまして、発酵食品を熟成させることになると、やおら期待感が増してしまうのです。


さて、ジェットさんのチーズですが、賞味期限内消費を一応聞いておきましたけど、そんな勿体ないことするわけないじゃん。というのが僕の胸のうちでございます。

嫁が状態をチェックするために少しつまんだ以外は、いまも冷蔵庫の中で育成中です。

生き物はいいなあ。特に酵母菌は素晴らしい。
ブログもmixiもまったく手が出せない状態になっても、かってに美味しくなってくれますから。
しかも餌をあげなくても活動してくれますし、冷蔵庫に入れておいて暴走してしまうのを抑えれば、800メルテの地底からくみ上げた水で育てたヒソクサリ(曰く青い衣の人)のように慎ましやか。
あぁ食べたい。


問題はいつ食すかです。
今日が期限から丸1ヶ月だから、そろそろとも思うんですけど、「まだ進化するんじゃないか」との迷いも。いつ食べても勿体ない気がするんです。


チーズに詳しいと拝察するみらのさんは、こういうときの見切りってどうするんだろ。

| 2006.12.19 Tuesday | 19:12 | 余談ですが 08 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 19:12 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/954

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ