RSS | Atom0.3
<< マンション購入の落とし穴を人様の体験談で勉強中。 | main | 9歳の子どももその気にさせる、コミュニケーションデザインの方法 >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

高円寺のバーボンハウスのコマーシャルがおかしい件。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(0) |

「バーボン バーボン バーボンハウス。

ハウス バーボンカレーだよ。

ヒデキもカンゲキ。

ハウス バーボンカレーだよ。

バーボン バーボン バーボンハウス。」



ちょwwww、イミふwwwww! といわれそうですがこんにちわ。

これは、高円寺南側のpal商店街とlook商店街で、地元の高円寺放送が朝から晩まで流しているコマーシャルの、とある飲屋の宣伝。

東海林のり子さん(ご尊顔)に激似の声が、微妙な抑揚で朗読します。

まえから、ちょっとおかしな宣伝文句だったんです。
で、高円寺在住とかよく利用している人に「あれ、変だよねえ」とふると、だいたい「ああ、あれね!w」と苦笑交じりの同意が返ってきます。

先日、JR高円寺駅にいったときに、ちょうどこの放送がかかりました。
すると、そばにいた若い男女6人ほどが、
「ブッwwwwwwwwww!!」
「キタキタw!」と笑い始めました。
「このバーボンハウス、おっかしいよなー!」と言い合っていて、その様子を見た僕は「おお、この放送の珍妙さが刺さっているのは僕だけじゃないんだ」と改めて確認しました。



このフレーズには、バリエーションがあります。
たとえば、


「バーボン バーボン バーボンハウス。

今夜はなんだか眠れない。

人のぬくもりが恋しいの。

マスター… 温めて。

はい。

ホットバーボン。

バーボン バーボン バーボンハウス。」



ほかにも、覚えられなかったんだけど、「男なら バーボンを飲め。」とかいろいろ言ってます。
もしかしたら、目標はご当地での販売促進ではなく、スネークマンショーに収録された「ホテル・ニュー越谷(収録6個目の愛のホテル)」みたいなできごとを狙っているのかもしれません。

いま、高円寺を舞台にしたマンガが習慣少年マガジンで連載されていて、いつかこのフレーズが街の効果音として出てしまうんじゃないかと心配です。

あと、お隣の街、阿佐ヶ谷では、日テレのドラマ、セクシーボイスアンドロボの舞台としてよく収録が行われているんだけど、その撮影が出張ってきたとき、もしうっかり「バーボン バーボン バーボンハウス」のフレーズが入ってしまったら、ドラマに集中できなくなりそうです。



みなさんの住む街にも、こういうちょっと可笑しな放送ってあるんでしょうか?
そういうのを集めた音源があったら聞いてみたいですね。




バーボンハウス(お店のHP)
掲示板で展開される、マスターのやりとりが見もの。あと「☆パーティープラン☆」のなかに入ると、非常に男らしいレンタルお座敷スペースに目を奪われます。

バーボンハウスとは 
テンプレ芸に使用。この記事でやってみようかと思ったけど、技量が足りなかった…

| 2007.04.28 Saturday | 00:00 | 余談ですが 08 | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 00:00 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/984

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ