RSS | Atom0.3
<< 素晴らしき浜名湖旅行 (1)フグとウナギの研究について教えていただく | main | 岩手八幡平、姫ダケのてんぷらが美味しい >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

暴論を承知であえていうと、レディファーストなんか辞めちまえ。

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(3) | trackbacks(0) |

新宿駅で毎日朝晩、通勤のために電車の乗換えをしている。
すると、毎日のように電車待ちの列に割り込む人間を見る。
で、それは、おっさんでもおばちゃんでもなく、大抵若い女だ。

学生や、働いてそうな人まで、いろいろな年齢層。

行列のちょっとした隙間に素知らぬ顔で入ってきたり、行列の横に立っていて、
電車に乗り込む段になったら、さーっと前のほうに詰めて、隙間からするすると入り込んだり。
厚顔無恥ぶりがムカつく。
大変無礼である。



俺たち、なめられてます? とおもったら、対男性に限ったことではない。
対女性、対老人、対妊婦にも同様の事例があるらしい。

「ひっくり返りそうなほど揺れたバスで、足の悪いご老体が
目の前で必死に耐えていても見てみぬふり。」
「人を押しのけて歩く。進路をふさいでいても、気にしない。」
「ヒールで足を踏んで『痛い!』って悲鳴をあげてんのにガン無視。」

この傍若無人な小悪党は、どうして発生するんだ?



レディファーストという習慣がある。

紳士たるもの、レディは丁重に扱うべきだ。といわれる理念だが、
「レディ」が「女性」に置き換わって解釈されるケースが多いと思う。
わざわざ「淑女」というのだから、女に生まれついた人がいたら、周りの人が一段へりくだって
かしずけという意味ではないはずだ。

だいたいレディとは、自分の知る限り、教養ある女性のことを指すと理解している。
教養の定義は諸説あるが、すくなくとも、自分がその場で何をするべきかをわきまえる、
あるいは判断できることであると私は思う。

心の働きが感じられる相手には、それに応える態度で接したいが、
他人の心などまったく気にせず生きている無礼者を
どうして引き立てねばならぬ? まったく意味が分からない。



一方で、誰に対しても不愉快にさせないように振舞うという良識もあるのだが、
既に並んで待っている人間たちをまったく意に介さぬ振る舞いはどうしてできるのか。

ひとつには、レディファースト的振る舞いをする男子諸兄が増え、
そういう体験がよくあるものとなったことで、
「私は丁重に扱われて当然」という思いあがりができたのではないか。

また、電車の中で乗車マナーを注意したら、
復讐に「痴漢である」との濡れ衣を着せられて、ひどい目に遭わされる冤罪事件があり、
それが怖くて注意できないという心理もあるだろう。

「これくらいしても大丈夫♪」と割り込んでくるレディ気取りは、
背後から「ちやほやされて、のぼせた馬鹿だな」と侮蔑の視線を浴びていることを
いつか気付くのだろうか。



ちなみに、割り込まれて嫌な思いをしたくない場合、止める手段を二つ知っている。

ひとつは、割り込んできそうな気配のあるやつが、すすっと横手に出てきたとき、
そいつの瞳孔が開いているところを1秒半くらいしっかりと見てやると(にらむ必要は無い)、足が止まる。

相手がこっちを見ないとか、ちょっと離れた位置からやってくるなど、上記の方法が取れない場合は、
ドアに盛り込む際に、ちょっと肩だけを入れて、カバンなどを相手の膝の前に出してしまう。
むこうは、こっそりと割り込みたいので、あからさまに相手の荷物を蹴り上げる度胸が無い場合が大半だから、足が止まる。

そうして自分が乗り込んだらちょっとカバンをひきつけるタイミングにディレイを掛ける。
すると、後続の人たちが、さながらジェットストリームアタックのようになだれ込み、割り込み狙いだった人間をさらに長い時間足止めすることができる。

前の前の人が割り込まれそうなとき、「あーやだなあ」と思っていると、
たまに心得ている人がいて、カバンによるガードを行っている現場に立ち会うことがある。
で、自分もジェットストリームアタックに加わるのだが、
割り込もうとしていたやつが、どうすることもできず呆然としているのを眺めると、
体の中を黒い爽快感が駆け抜けて気持ちがいい。

| 2007.06.09 Saturday | 00:00 | 困ったもんだ | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 00:00 | - | author : スポンサードリンク |
お久しぶりです。
仕事で忙しくて全然ネットサーフィンできてませんでした。

あ、あれです、大阪ではそのカバンガードはおそらく効きません。
もちろん目を見る、というやつもです。
「やめてもらえます?」とはっきり言うか、
きっちり、肩や腕で押し返さないと無理です(笑)

なんというか、恥ずかしいとかそういうのが欠如してると思うデス。
| cafeaulait | 2007/06/09 9:21 AM |
うちの業務職(40歳代の女性)は満員電車で若いメスにヒールでふんずけられ、抗議をしたが無視されたとき、「トレンチコートに
口紅つけてやったわよ!」といってました。おなじく女性SVは、込んできた電車内でも自分の位置からガンとして動こうとしないやつに「混んでんだからつめなさいよ!」と言えるオンナです。二人とも戦う人ですが、いつか刺されないか心配です。
| こじか | 2007/06/09 6:37 PM |
>cafeaulaitさん
どもです!
大阪ではダイレクトアタック以外きかんとですか…
ちなみに、「やめてくれよ」といったら、素直に応じてくれるんでしょうか。
「聞こえんなー。ああ〜ん?」とか言われたらブッチンいきそうです。


>こじかさん
きゃー。
都内でもダイレクトアタックですか!
刺されたり、変な物を付けられないようにご注意です。
ていうか物騒だよね。
| チチ | 2007/06/12 1:58 AM |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/992

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ